ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・シングル・チャート】ジャスティン・ビーバー2週連続1位に、元カノのセレーナ・ゴメスは5位に急上昇

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジャスティン・ビーバーの「ソーリー」が、通算2週目のNo.1獲得を果たした、今週の米ビルボード・シングル・チャート。

 先週、アデルの「ハロー」を遂に破り、トップに躍り出たジャスティン・ビーバーの「ソーリー」。先立って首位を獲得したUKに続き、アメリカ、カナダ、デンマーク、ニュージランド、アイルランドでも首位を獲得し、前曲「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」を超えるヒットになるのでは、と予想されている。

 すでに8週間の2位をマークした「ソーリー」、ここから何週の首位をキープできるかにもよるが、ロングヒットに至れば、年間チャートの上位ランクインも期待できるだろう。また、アルバム『パーパス』より3rdシングルとしてカットされた「ラブ・ユアセルフ」も依然と強く、3位に停滞中。「ソーリー」が勢いを落としてきた頃、ポイントを伸ばせば、自身3曲目、3曲連続のNo.1獲得も期待できるかもしれない。

 ジャスティンとの復縁が何度か囁かれている、セレーナ・ゴメスの「セイム・オールド・ラヴ」は、人気ラッパーのフェティ・ワップをゲストに迎えたリミックスを発売したことで、セールス、ストリーミング・ポイント共に上昇し、5位に再浮上。視聴回数も1週間で150万回を突破している。

 ジャスティンやセレーナもそうだが、今、最も首位獲得が期待されるのが、トゥエンティ・ワン・パイロッツの「ストレスド・アウト」だ。先週5位まで上昇し、今週はさらにポイントを伸ばしてワンランクアップの4位まで到達。ビデオの視聴回数は5400万回を記録し、オルタナティブ・チャート、ロック・チャートでは、首位をマークした。ロックに留まらず、ラップを絡めるヒップ・ホップ調のトラックが、ブラック・ミュージック・ファンにも受けが良く、幅広い層に支持されたのも、ヒットの要因だろう。ジャスティンの「ラブ・ユアセルフ」を飛び越して、次はこの曲がNo.1となる可能性も、高いといえる。

 今週のアルバム・チャートで初の首位を獲得した、デヴィット・ボウイの遺作『★』(ブラックスター)から、先行シングル「ラザルス」が40位に、タイトル曲が78位に初登場した。また、1969年の大ヒット曲「スペイス・オディティ」(全米15位、UK1位)が、42位に、クイーンとコラボした「アンダー・プレッシャー」(1981年全米29位、UK1位)が45位にリエントリーを果たしている。追悼の意を込めてエアプレイなどが急上昇し、次週以降も過去の名曲がランクインを果たすことが予想される。

 次週は、今週11位まで上昇した、ザ・チェインスモーカーズの「ローゼズ」や、ブライソン・ティラーの「ドント」(13位)、ザ・ウィークエンドの「イン・ザ・ナイト」(15位)、先週の19位から29位へ一気にジャンプした、ジー・イージーとベベ・レクによる「ミー、マイセルフ・アンド・アイ」が、TOP10入りに拍車をかける。

 間もなくリリースされるであろう、リアーナの新作『アンチ』からの先行シングルや、本作のプロデュースを務めたカニエ・ウェストの新曲、元彼であるドレイクの新作トラックも、ランクインしてくるだろう。リアーナとロマンスが囁かれている、トラヴィス・スコットの「アンチドート」は、今週ポイントを伸ばし、17位)まで上昇している。

Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、20日22時以降となります。

関連記事リンク(外部サイト)

1月30日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
1月30日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
イーグルスのグレン・フライ(67)が死去

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP