ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・アルバム・チャート】デヴィッド・ボウイ TOP5圏内にダブル・エントリー、新作が主要各国でNo.1デビュー

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【米ビルボード・アルバム・チャート】デヴィッド・ボウイ TOP5圏内にダブル・エントリー、新作が主要各国でNo.1デビュー

 デヴィッド・ボウイの遺作『★』(ブラックスター)が、18万枚を突破して初のNo.1獲得となった、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 独走状態だったアデルの『25』をついに破ったのは、1月10日に癌のため死去したデヴィッド・ボウイの遺作『★』だ。数ある名盤を残しながらも、米国で首位を獲得するのは、本作が初となる。母国UKをはじめ、オーストラリアやドイツ、ノルウェーなど、各国でアデルから首位の座を勝ち取った『★』。その差は4万枚と僅差ではあるものの、スーパースターの有終の美を各国で称えられている。

 また、2002年にリリースされたベスト盤『デヴィッド・ボウイ・ベスト』が9万枚を突破し、4位にリ・エントリーを果たしている。本作は、リリース当時の最高位が70位だったが、追悼の意を込めて購入するファンが多く、週間セールス94,000枚を獲得して、一気に上昇した。デヴィッド・ボウイがアルバム・チャートでTOP5内にダブル・エントリーするのは、これが初めてだ。

 1967年にアルバム『デヴィッド・ボウイ』でデビュー。当時アメリカではまったくの無名で、本国UKでも最高位125位と100位圏外だった。2年後にリリースされた、2ndアルバム『スペイス・オディティ』(1969年)から、タイトル曲がUKで首位、アメリカでも15位と大ヒットを記録し、一気にその名を世界に知らしめた。初のTOP10入りを果たしたのは、1974年の8thアルバム『ダイアモンドの犬』。UKではNo.1をマークし、アメリカでは5位を記録。続いて、9th『ヤング・アメリカン』(1975年)、10th『ステイション・トゥ・ステイション』(1976年)と3年連続でTOP10入りを果たし、一躍トップスターとなる。

 80年代には、自身最大のヒット曲「レッツ・ダンス」(1983年)で、シングル・チャート初のNo.1を獲得し、アルバム『レッツ・ダンス』も、UKはじめヨーロッパ各国で首位デビュー、アメリカでも4位をマークした。80年代の大躍進を遂げ、90年代には低迷期に入が、2000年代以降も根強いファンに支えられ、チャートでも巻き返しをはかる。本作『★』の3年前にリリースされた、27枚目のスタジオ・アルバム『ザ・ネクスト・デイ』では、自己最高位となる2位を獲得し、主要各国でNo.1デビューを果たした。

 チャートの動向をみても、ここからの再ブレイクが期待されていた最中の悲報であり、彼のオリジナル曲が聴けなくなると思うと、ファンのみならず哀惜の念に堪えない。また、18日にイーグルスのメンバー、グレン・フライが死去したため、次週以降はデヴィッドの遺作と共に、イーグルスのタイトルも、チャートを急上昇することだろう。

 TOP10内、その他に初登場作品はなく、シングル・チャートでヒットを記録しているジャスティン・ビーバー(3位)や、トゥエンティ・ワン・パイロッツ(5位)などが、粘り強く売上を伸ばしている。次週以降は、【グラミー賞】のノミネート作品が、徐々にセールスを伸ばしてくることが予想される。

Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、20日22時以降となります。

関連記事リンク(外部サイト)

1月30日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
1月30日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
デヴィッド・ボウイ初の全米アルバムNo.1に! アデルの連覇止める

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。