ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

B’z 稲葉浩志『コナン』曲がビルボードアニメチャートを制覇 アルバム発売のミセスが2位に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週のビルボードアニメチャートは『名探偵コナン』のオープニング曲として話題となっていたB’z 稲葉浩志の「羽」が見事首位に輝いた。同曲は先週のチャートから初登場、CDリリース前にも関わらずその話題性でチャートの上位に食い込んでいたが、今週はその期待に応える形での首位となった。指標別に見ると、やはりCDのセールスで他を圧倒。さらにラジオプレイ、Twitterでも今週1位となり、貫禄を見せつけた。

 今週2位は『遊☆戯☆王ARC-V』のエンディング曲であるMrs.GREEN APPLE「Speaking」。こちらは今週リリースの「羽」とは打って変わって2015年のリリース曲だが、今週もラジオプレイのポイントが絶好調。今週、バンド初のフルアルバム『TWELVE』がリリースされたことも追い風となり、先週7位よりジャンプアップを果たした。

 今週の初登場曲としては4位 飯田里穂「KISS! KISS! KISS!」、19位 flumpool「夜は眠れるかい?」(『亜人』オープニング曲)の2曲が挙げられる。特に後者はCDリリースは2月3日と先がながらTwitterのポイントなどでチャートインを果たしている注目曲。一方、前者はCD発売週の強みを活かし、CDセールスのポイントを稲葉浩志に次ぐ2位と積み上げ、上位進出を果たした。

 新曲が少ない影響か、全体的にロングヒット曲の目立った今週のアニメチャート。10週以上のチャートイン曲は実に10曲に及ぶ。そんな中、大原櫻子「キミを忘れないよ」(『映画 ちびまる子ちゃん』主題歌)はデジタルセールスのポイントでアニメチャート中1位となっており、ライト層の支持増という意味で、アーティストの更なるブレイクを予感させる、注目の一曲だ。

関連記事リンク(外部サイト)

1月25日付 Billboard JAPAN HOT Animation
稲葉浩志「羽」3部門で1位、ビルボード総合首位獲得、SMAP総合2位に急伸
ゲス乙女。 ヒット曲収録の話題作が首位、デヴィッド・ボウイ遺作が急浮上

Billboard JAPAN
Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP