ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャスティン・ビーバー 洋楽チャート歴代記録更新ならず!ボウイの楽曲TOP20圏内に7曲エントリー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 先週歴代洋楽チャート首位最長記録にタイとなったジャスティン・ビーバーの「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」を下し、ディミトリ・ヴェガス&ライク・マイクfeat.Ne-Yoによる「ハイアー・プレイス」がBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”の首位に立った。

 2015年DJ MAG世界ランキング1位に輝いたベルギー出身の世界的EDM兄弟DJデュオ=ディミトリ・ヴェガス&ライク・マイクは、エアプレイで圧倒的な強さを見せ、1位の稲葉浩志に次ぐ2位に大ジャンプアップしたことが要因となり、自身初の洋楽チャート1位に輝いた。一方、ジャスティンはエアプレイ・チャートで前週からランクを上げ36位につけたものの、デジタル・セールス、ストリーミング、動画再生回数において、徐々にポイントを落しているため、今週2位に。3位に停滞している自身の楽曲「ソーリー」とも僅差でのランクインとなっており、来週はエアプレイやツイート・ポイントにおいて優っている「ソーリー」と順位が入れ替わる可能性大だ。

 そして1960年代のデビュー以来、音楽界へ多大な影響を与え続けてきた孤高のアーティスト、デヴィッド・ボウイの訃報を受け、6位の「レッツ・ダンス」を筆頭に、関連楽曲がTOP20圏内に計7曲エントリー。エアプレイのみならず、デジタル・セールス、ツイート・ポイント、動画再生回数がバランスよく推移しており、今世紀最大のアーティストの死を偲ぶ多くのリスナーと代表曲の数々のエンゲージメントがあらわになっている。また、イーグルスの創設者の1人であるグレン・フライの突然の死を受け、来週はイーグルスの関連楽曲がエントリーすることが予想される。

 デヴィッド・ボウイ関連楽曲以外に、TOP20圏内に初登場を果たしたのは、今週17位のモダン・ヴィンテージ・ソウル界の注目株ジャック・ムーヴスによる「ダブリン・ダウン」。ソウル・ファンのみならず、ロックやポップ・ミュージック・ファンも唸らせるモダンなサウンドでエアプレイ・チャートを上昇中で、早耳リスナーの中で話題となっている1曲だ。

関連記事リンク(外部サイト)

1月25日付 Billboard JAPAN 国内洋楽チャート“Hot Overseas”
稲葉浩志「羽」3部門で1位、ビルボード総合首位獲得、SMAP総合2位に急伸
ゲス乙女。 ヒット曲収録の話題作が首位、デヴィッド・ボウイ遺作が急浮上

Billboard JAPAN
Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP