体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

元リブセンスCTOから、現役の医師や小説家まで──Web技術で日本の医療を変えたいと集結する『メドレー』のユニークな役員たち

エンジニアは全体を動かす原動力になるべき

「『医療×IT』というと、結構かたくて古いシステムかと想像されるかもしれません。スーツを着たSEがせっせと病院を回って医療情報システムを導入するみたいな。しかし、私たちの事業は、Webによる人材マッチングと情報提供サービス。常に新しいWeb技術を積極的に取り入れて、モダンなシステム開発を心がけています」と言うのは、メドレー取締役CTOの平山宗介氏だ。

同社は医療介護求人サイト「ジョブメドレー」、医師たちがつくるオンライン病気事典「MEDLEY」などの事業を展開している。

「ジョブメドレー」についてはRuby on Railsで開発し、DBはMySQL、インフラはAWSという組み合わせ。Webサービスとしては決して珍しくはないが、今どきのトレンドをきっちりと押さえている。

一方、「MEDLEY」はPHPとMongoDBがメインだが、爆速フレームワークとして定評のあるPhalcon PHPを導入してスピードを担保している。いずれもスマートデバイスや高精細ディスプレイでの閲覧の双方に耐えうるよう、UI/UXも考慮されている。

「開発言語・開発環境はそれぞれ違うものの、基本的にはフロントとインフラを分けず、一人のエンジニアが何でも屋として両方に関わることができるようにしています。
さらに、エンジニアがサービスの内容にコミットし、全国の病院を訪問する営業職や、求職者のキャリアサポートを担当するスタッフとも対等に話し合えるような雰囲気づくりも心がけています。
エンジニア集団だけで固まってしまい、技術を細分化してそこに特化してしまうと、サービスとしての整合性やサービス展開のスピード感が失われるからです」と、平山氏は語る。

そこで活かされているのは前職での成功・失敗体験だ。前職はアルバイト求人サイト「ジョブセンス」を運営するリブセンスのCTO。

事業とエンジニアリングを乖離させることなく、エンジニアが営業や企画サイドと同等の立場で、みずからKPIを持ちながら仕事を進める──そうしたエンジニア組織の構築に寄与してきた。

リブセンスの前は大手SIer、グリー、そしてミログなどいくつかの企業で活躍した経験があり、大企業とスタートアップ、両方の組織を知っているのが強みだ。

開発手法でいえば、ウォーターフォール、アジャイルの両方に熟知していた。同社の技術力向上とエンジニア組織の再構築に貢献した後、2015年7月にメドレーに参画した。

ただ、その経験に照らしたとき、メドレーに参加した当初は、まだエンジニアの力が最大限に引き出されていないと感じた。

「一言でいえばモチベーションが低かった。下を向いて粛々と仕事をこなしているだけという状態。エンジニアはもっと楽しく仕事をすべき。営業や事務も含めた組織全体のオペレーションの中で、エンジニアは全体を動かす原動力になるべきだ」

メンバーにそう語りかけ、エンジニアの役割を議論した。医療の未来を明るくするためにはITの力が欠かせないことを、あらためて伝えた。新しいCTOからこうした強いメッセージが発せられるだけで、エンジニアたちの表情はがらりと変わったという。

あらゆる可能性を排除しない独自のアルゴリズムを動かす

メドレーの事業は、医療・介護分野における深刻な人材不足を解決するというミッションを持って2010年にスタートした「ジョブメドレー」が、現時点では最大の収益源になっている。

さらにメドレーのサービスが広く一般に認知されるようになったのは、2015年1月に「MEDLEY」が新規事業としてスタートしてからだろう。

医療従事者による監修のもと、病気に関する膨大な知識を網羅的に集約したオンライン病気事典。病気の一般的な解説だけでなく、医師からのコメント、専門病院や薬剤の紹介までを知ることができる。

1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。