ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

TwitterやFacebook、Googleリーダー、カレンダー対応のウィジェットがセットになったHoneycomb向けアプリ「Wizz」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Honeycombタブレットのホーム画面をフルに活用できるウィジェットアプリ「Wizz」が公開されています。「Wizz」は、現時点ではTwitterやFacebook、カレンダー、Googleリーダーに対応するウィジェットがセットになったアプリで、Android 3.0以上で使用できます。ホーム画面に各種サービスに対応するウィジェットを複数配置できるので、1つの画面上でサポートされているサービスの情報を集約することができます。Android 3.1以上であればウィジェットのサイズも可能なことからユーザ後のみのサイズで表示することができます。デザインが統一されているので見栄えも良い。(しかし、やや不安定なようで、私のGalaxy Tab 10.1では強制終了が多発してました)

含まれているウィジェットは以下の通り。 Facebook Facebookスタック Twitter Twitterスタック アジェンダ カレンダー Googleリーダー Googleリーダースタックアプリには無料版と有料版があります。有料版では上記サポートサービスの情報を、例えば、Sony Ericssonの”Timescape”のように統合して表示するウィジェットや、UIのカラーリングを変更できる”テーマ”機能、フォントサイズの変更機能などを利用することができます。ただ、有料版はAndroidマーケットに公開されていません。なぜなら、開発者さんが有料アプリを販売できない地域に住んでいるからだそうです。有料版(アンロックコード)は、PayPal経由で直接購入することができます。「Wizz」(マーケットリンク)Source : XDA-Developers 


(juggly.cn)記事関連リンク
SamsungがGalaxyシリーズなどスマートフォンのネーミング規則を変更しようとしているらしい
カナダで「Motorola XT860 4G(Mitlesonte 3)」が発売
2011年7月のBCNランキングが公開、Xperia acro SO-02C、Acer ICONIA Tab A500がそれぞれトップに

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。