ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ロックスターよ永遠に!デヴィッド・ボウイのミニマルアートで彼の功績をたどろう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界中が悲しみに暮れた、ロックミュージシャンDavid Bowie(デヴィッド・ボウイ)の死を悼み、グラフィックデザイナーのGorgi Janevskiさんは、デヴィッド・ボウイを象徴的に描いたイラストレーションを発表しました。

 

・あえてメイクのみでデヴィッド・ボウイを表現

デヴィッド・ボウイといえば、個性的なファッションがあまりにも有名。

Ziggy Stardust」「Aladdin Sane」「Heroes」「Low」など、作品によってカメレオンのように変化する音楽性を、彼は自分自身のビジュアルでアイコニックに表現してきました。

このイラストレーションは、そんな彼のリップや目元、フェイスペイントなどの「メイク」にフォーカスを当てたミニマルアート。

ファンなら、メイクを見ればいつの時代の彼なのかわかることでしょう。

あなたはわかりますか?

・デヴィッド・ボウイのアートな魅力を再発見

あえて表情やディテールを廃し、象徴的に描くことで、デヴィッド・ボウイの功績をアーティスティックに表現したこのシリーズからは、作者の彼に対する愛と敬意の心が伝わってきます。

また、イラストレーションを見ていると、彼が音楽界だけでなく、アート界にも強い影響を与えた存在だったということが改めてわかりますね。

あなたも彼のビジュアルとともに、お気に入りの名盤を聴き返してみてはいかがでしょうか?

Behance
https://www.behance.net/gjanevski

音楽(まとめ)
アート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP