ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

卒業式にもオススメな桜柄ネイルは、歌舞伎の衣装から生まれた!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

歌舞伎の衣装をヒントにした、桜柄ネイル!

今回は新春ということで、歌舞伎の衣装をヒントにしたネイルデザインをご紹介したいと思います。
どちらのアートもジェルで描きましたが、おめでたくて春らしい桜のデザインです。
1つ目の赤ベースの桜柄は、歌舞伎でお姫様が着る赤い着物をイメージした「姫ネイル」なので、ワンカラーも濃淡のピンクで可愛らしく仕上げています。
桜を細いゴールドのラインで縁取りして、可愛い中にもはっきりしたアートを入れています。

 

「古いのに、新しい」歌舞伎の世界をネイルにも

こちらのピンクと黒の5本セットは、桜が登場する演目で、長唄囃子連中(舞台で演奏を担当する方たち)が着る黒い着物にピンクの桜柄の裃(かみしも)がモチーフです。
ピンクばかりではなく、黒のワンカラーをプラスすることで、全体が引き締まります。
最近、歌舞伎を見始めたのですが、衣装やヘアメイクの華やかさや、デザインと色使いの斬新さが「古いのに、新しい」し、「派手なのに、品がある」。そんな世界観をネイルにも取り入れてみました。
歌舞伎は観ていて新鮮で、とても勉強になります。

 

卒業式の袴にもぴったり♪桜柄で新春も春もどちらも味わって

今回のネイルは、普段の生活を意識してアートとワンカラーの本数を2、3本ずつにしましたが、特別な日なら5本全てにしても気分が盛り上がると思います。
これからの季節なら桜柄ネイルもぴったり! 卒業式の振袖や袴に合わせたり、結婚式のお呼ばれなどの華やかな衣装に合わせたりするのもおすすめです。
日本らしい、新春の気分をネイルから味わってもらえたら嬉しいです。
Cool NAILS make you smile!

SAYOKO

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP