ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日中韓で健康比較 日本は肥満少ないが痩せすぎ女性多い傾向

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アジアの隣国であるというだけでなく、何かと比較されることが多い日本、中国、韓国。3国を客観的な数字で比較すると、何が見えてくるだろうか。医療や健康面で3国について集計してみた。

■肥満率
(1)日本 3.5%
(2)韓国 6.3%
(3)中国 7.3&
※WHO Global Database 2014

■痩せすぎ女性
(1)韓国 6.5%
(2)中国 8.5%
(3)日本 11%
※WHO Global Database 2014

 昨今の健康の指標である肥満について見てみると、最も肥満(BMI 30以上)の人の割合が少ないのは日本。
 
 一方、BMI18.5未満の女性を「痩せすぎ女性」とし、その割合を見てみると、最も多かったのは日本。BMIは「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」で算出する。最も少なかったのは韓国という結果となった(一般には、食料事情等から貧困国ではやせ過ぎ女性が多いという傾向があることから、ここでは割合が低い韓国を1位としている)。日本は肥満が少なく健康志向が高く見える一方で、痩せすぎ女性が多いという皮肉な結果がでている。

■喫煙率(男性)
(1)日本 36.6%
(2)中国 49%
(3)韓国 51.7%

■喫煙率(女性)
(1)中国 2%
(2)韓国 4.4%
(3)日本 11.3%
※グローバルノート2012年

 男性の喫煙率が最も低かったのは、ここ数年で急激に数字を下げている日本。最も高かったのは韓国となったが、この約52%という数字は日本の17年前と同水準である。

 女性については、最も喫煙率が低かったのは中国。食事中の喫煙や歩きタバコなど、タバコにおおらかな印象がある中国だが、女性が吸うのは好ましくないようだ。

 意外にも女性の喫煙率が最も高かったのは日本という結果に。なお女性については、日本はこの20年以上、大きな変化はなく10%前後で推移している。

■成人ひとり当たりの1年間の純アルコール摂取量
(1)韓国 14.8リットル
(2)日本 7.8リットル
(3)中国 5.6リットル
※WHO 2014年

■飲酒率
(1)韓国 78%
(2)日本 69%
(3)中国 56%
※アジア・バロメーター2003年

  飲酒量、飲酒率については、アルコール自体は悪者ではなく立派な食文化なので高い方を勝ちとした。

 これはどちらも韓国がトップ。威勢のいい若者が飲み屋で喧嘩をする姿が韓流映画ではよく描かれるが、実際に数値に表れた。韓国若者たちの活力(とストレス?)を象徴しているといえるだろう。

■1人あたりの即席麺年間消費量
(1)韓国 約70食
(2)日本 約40食
(3)中国 約30食

 2013年、世界ラーメン協会が世界の即席麺の総消費量が1000億食を突破したと発表した。各国別に消費量を見てみると、1位は中国/香港、2位がインドネシア、3位が日本。これに人口を加味し、国民一人当たりの年間消費量を算出したところ、1位となったのは即席麺発祥の日本でも、ラーメン発祥の中国でもなく、ダントツで韓国。70食超は、全国民が週1回以上即席麺を食べている計算になる。

 そう言われれば、韓国土産や韓国食材の店でやたら赤い即席麺を見るかも……。

※SAPIO2016年2月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
韓国人 田沢湖は韓国人が掘ったと主張も田沢湖は大昔から存在
KARA、少女時代、キム・ヨナを通じて日韓の違いを理解する
韓国女性は美容にかける時間が日本人の2倍 平均で約68分

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP