ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SMAP解散騒動 独立で芸能界を「干される」のは本当か?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1月18日、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)に緊急生出演し、今後もグループとして活動を継続していく意向を示したSMAP。解散報道が出て以来、連日にわたりメディアを賑わしているが、当初は木村拓哉を除く、中居正広、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の4人は、ジャニーズ事務所から独立して活動するという可能性が大きく報じられていた。

 ジャニーズ事務所から独立すると芸能界で“干される”という憶測も根強く見受けられ、そうした背景から4人も独立を諦めたのではないか、と見る向きもあるが、実際はどうなのだろうか。過去には、主演ドラマ『教師びんびん物語II』でフジテレビ月9ドラマ史上初の視聴率30%越えを果たした田原俊彦や、1988年に『パラダイス銀河』で日本レコード大賞を受賞し、同年のオリコン年間トップ3を独占した『光GENJI』で最も人気の高かった諸星和己などが独立後に、苦労したと伝えられている。

 今回、仮に木村を除くSMAPの4人がジャニーズ事務所から独立していたとしたら、本当に芸能界で活動することはできなかったのだろうか。芸能記者は過去の例からこう分析する。

「田原俊彦の例を振り返ると、独立した1994年や1995年には連続ドラマの主演こそなかったものの、単発では主演もしています。1996年には主演映画もありました。1995年には『笑っていいとも!』(フジテレビ系)のレギュラーにもなっている。また独立直後にデビュー15周年記念のベストアルバムを発売した頃には、『夜もヒッパレ一生けんめい。』(日本テレビ系)『ドリフ大爆笑』(フジテレビ系)など多くの有名番組に出演しています。

“干される”と簡単に一言で言われますが、中居ら4人が独立したからといって、テレビから全く消えるとは考えられないのではないでしょうか」

 では、田原ら“先人たち”が芸能界で苦労したのは、何が原因だったのだろうか。

「田原の場合、マスコミのネガティブキャンペーンが大きかったですね。長女誕生会見では、『何事も隠密にやろうと思ったけど、僕くらいビッグになるとそうも行きませんね、ハイ』とギャグで話したのに、『ビッグ』という言葉尻だけを捉えられ、一気にバッシングが始まった。田原自身は、以前からよく冗談で『ビッグ』という言葉を使っていたにもかかわらず、です。このバッシングを契機に、一気に人気が落ち始めたと言えるでしょう。逆に言えば、バッシングがなければ、イメージも変わらないまま良かったはずです」

 マスコミの影響力という意味では、たしかに今回のSMAPに関する報道を見ても、中居ら4人にマイナスな記事が目立っている。

「これまでの報道を見る限り、独立を目指した中居側に立った報道は少なかったように思います。ただ、たしかに田原の時代はインターネットもなかったし、報道を鵜呑みにする人も多かったですが、今はだいぶ状況が変わっています。報道の一面だけを見て踊らされる人も減ってきているのではないでしょうか」(同前)

 田原は、近年メディア露出という面では復活を果たし、オリコン順位もジャニーズ時代の後期と変わらなくなってきている。また、スペシャルMCとしてレギュラー出演中の『爆報!THEフライデー』(TBS系)は毎週、高視聴率を獲得。いまやTBSの代表的な番組となっている。

「独立後も毎年欠かさずに新曲を発売し、ライブやディナーショーを地道に続けてきた生き方が世間の共感を呼び、結果にもつながっている。ネットで再評価の声もよく見受けられます。

 仮に中居正広ら4人が独立したとしていたとしても、田原のように自分のするべきことに邁進していけば、必ずや道は開けたはずです。まして、ネット時代なのでファンは簡単に離れません。また、テレビではなくジャニーズが手を出していないネットに活路を見出し、時代の流れを変える可能性だって十分に考えられたのですが……」(同前)

 4人ほどの実力があれば、独立しても十分芸能界を渡り歩いていけたかもしれない。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
TVの言葉が「語り」から「喋り」に移った理由を解説した本
皇太子ご成婚で白黒TV1000万台売り受信契約者200万人突破
オウム事件 1週間に40~50時間も各局から報道されていた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP