ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

安産祈願はここ★東京の「へそ」にあるパワースポット「大宮八幡宮」に行こう!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
安産祈願はここ★東京の「へそ」にあるパワースポット「大宮八幡宮」に行こう! 大宮八幡宮

大宮八幡宮は、母の胎内にいる頃から神威を発揮した應神天皇を主祭神とし、主に子授け、安産、子育ての神として崇敬されています。

健康にいいとされる神門手前の石鳥居の先にある「多摩清水社」に湧くご神水は、ペットボトルにつめて持ち帰ることも可能で遠方に住んでいる出産を控えた方へのプレゼントとしてもいいかもしれません。周りに出産を控えている人などがいる方はぜひ参考にしてみてください。

大宮八幡宮

子授け・安産に延命長寿祈願も。パワーが満ちる東京のへそ!

大宮八幡宮

今年出産を控えている方はぜひとも足を運びたいスポット

東京の重心にあることから「東京のへそ」と呼ばれ、パワーの集まる場所として注目を集めている大宮八幡宮。主に子授け、安産、子育ての神として崇敬されています。大宮八幡宮

「多摩清水社」のご神水はペットボトル3本分まで持ち帰りが可能

また神門手前の石鳥居の先にある「多摩清水社」に湧くご神水を口にすると、寿命が延びて長生きできると言われていて、ご神水はペットボトル3本分まで持ち帰りが可能です。社務所では祈祷した「多摩の大宮水」の授与もあります。

大宮八幡宮 かやの木に犬桜が寄生したご神木「共生の木」

1601_kantou_01_082 ハート形が愛らしい「幸福がえる絵馬」500円

大宮八幡宮 夫婦で大切に持ちたい「子授御守」1000円

ハート形が愛らしい「幸福がえる絵馬」や夫婦で大切に持ちたい「子授御守」なども販売されているため、遠方に住んでいる人に代わって訪れて祈願してあげたりするのもいいかもしれません。

大宮八幡宮 衣食住の神が祀られている 「大宮稲荷神社」

今年出産を控えている女性の方やそろそろお子さんを授かりたいと考えている方などはぜひ訪れたいスポットです。ちなみに本殿裏で 「小さなおじさん」 と呼ばれる妖精の目撃情報が相次ぎ、 見た人は幸せになれるという都市伝説もあります。

こういった安産や長寿祈願だけでなく、生活の何よりのベースになるのは健康です。最近少し疲れぎみだなと感じている方などは神社に流れる安らかな空気に触れてパワーをチャージしにいくのもいいかもしれません。 大宮八幡宮

TEL/03-3311-0105

住所/東京都杉並区大宮2-3-1

営業時間/6時~17時(授与所は9時~)

定休日/なし

アクセス/電車:京王井の頭線西永福駅より徒歩7分

車:首都高新宿線永福出口より10分

駐車場/50台

「大宮八幡宮」の詳細はこちら

高井戸天然温泉 美しの湯

ここに立ち寄って帰ろう♪

1601_kantou_01_080

神社でお願いをして心身ともに清めたあとは近くの「高井戸天然温泉 美しの湯」でリラックスするのもオススメです。大通り沿いにありながら、静かで豊かな緑に囲まれた露天風呂が評判で、内湯には様々なアトラクション風呂も備わっているためお子さん連れのご家族みんなでの訪問にもおすすめです。

地下約1600mから湧出する琥珀色の100%天然温泉は保温・保湿に優れ、湯上がりは肌しっとりでポカポカになりますよ。 高井戸天然温泉 美しの湯

TEL/03-3334-0008

住所/東京都杉並区高井戸西2-3-45

営業時間/9時30分~24時(最終入館23時30分)

定休日/不定

料金/入館料大人900円、小学生以下700円(土日祝は大人1200円、小学生以下1000円、他)

アクセス/電車:京王井の頭線高井戸駅より徒歩2分

車:首都高新宿線高井戸ICより3分

駐車場/150台

「高井戸天然温泉 美しの湯」の詳細はこちら

まとめ

安産祈願で有名な東京の「へそ」のパワースポット「大宮八幡宮」を紹介しました。今年出産を控えている女性の方は出産という人生の一大事を無事乗り越えられるように、ぜひとも訪れておきたいスポットです。

出産を控えているけれど遠方に住んでいてなかなか訪れる機会がないという方に、縁起物として子授御守や多摩清水社に湧くご神水をペットボトルに詰めて送ってあげると喜んでもらえるかもしれません。近くにある温泉と合わせて覚えておきましょう。

※この記事は2016年1月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

自然の神秘に心揺さぶられる!高知観光にぴったりの、土佐清水~大月~宿毛のドライブコース
福岡市中心部から車で1時間以内!原鶴・筑後川温泉の絶景と巡るドライブコース
「お湯マジ!22」利用でお得!湯布院の立ち寄り温泉とおすすめ観光名所

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。