ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

台湾・台北で「J-Music LAB 2016 in Taipei」開催、加藤ミリヤ、最上川 司、ハナエら日本人アーティスト8組が出演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本レコード協会は、海外における日本音楽のプロモーション事業、「J-Music LAB」を1月16日及び17日の2日間、台湾・台北にて開催した。

2013年にインドネシア・ジャカルタからスタートし、4年目を迎えた本事業は、今年度第一弾目となる昨年11月のタイ・バンコク開催に続き、初の開催地となる台湾・台北にて「J-Music LAB2016 in Taipei」として開催し、期間中は、日本人アーティスト8組が出演したライブの他、ファンとの交流会や現地企業との商談会等を実施した。

ライブ会場となった華山1914文化創意産業園区のLegacy Taipei(伝音楽展演空間)には、2日間で合計1,600名の日本音楽ファンが集まり、両日とも満員となった会場ではアーティストの歌唱に合せて日本語で合唱する来場者の姿も見られ、日本音楽に対する親しみの深さが伺えた。ライブパフォーマンス後はファンとの握手会やサイン会などの交流会も実施し、来場者とのコミュニケーションを図ることができた。

また、同じ華山1914文化創意産業園区の東3烏梅酒廠では、日本音楽を紹介するブース展示などを実施、日本人アーティストのビデオコンサートや出展社によるハイレゾ音源の試聴体験コーナーなど現地の若者を中心に人気を博していた。このブース会場への来場者は2日間で約3,000名に上り、多くの来場者に日本音楽のPRを図ることができた。

なお、前日の15日には現地業界関係者を集めた商談会や高音質音源の試聴会等を実施、現地台湾のレコード会社やイベンターなどの企業関係者が31社68名参加。

この商談会では日本から参加した日本レコード協会 会員社のレコード会社等と現地企業とのビジネスマッチングが積極的に行われると共に、高音質音源の試聴会では配信音源との聞き比べなどを実施し来場者の関心を集めていた。

【参考記事】
アーティストの海外進出の拠点を作る 〜 日本音楽の海外へのプロモーション事業「J-Music LAB」
日本レコード協会 副会長 重村博文氏インタビュー

http://www.musicman-net.com/report/152.html

関連リンク

J-Music LAB2016 inTaipei 特設サイトhttp://www.jmusiclab.com/
J-Music LAB Facebookhttps://www.facebook.com/jmusiclab
日本レコード協会http://www.riaj.or.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。