ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブックルックチーム、子どもの“やること”にポイントを付け、実行するとゲームで遊べるようになるAndroidアプリ「MonStars」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ブックルックチームは、子どもが宿題やお手伝いなどを実行すると、アプリ内ゲームで遊べるようにする Android アプリ「MonStars」をリリースしました。MonStars は、親が子供「やること」にポイントを付けて登録し、子どもは「やること」を実行して得たポイントを使ってアプリ内のゲームで遊べるという珍しい ToDo アプリです。「やること」はキーボードで登録するので、「お風呂に入る」、「歯を磨く」、「手伝いをする」など、様々なタスクを登録できます。タスクに登録できるポイントを 10 / 20 / 20 / 40 / 50 から選択できるので、甘くして子どものやる気を向上させることも可能です。タスクを実行してポイントが貯まると遊べるゲームはルーレットを回してモンスターを収集するというものです。子どもがゲームにハマってくれることが前提となりますが、お金をかけずにお手伝いや子どもの自立教育を行うことができます。また、アプリには子どもと会話できるチャット機能もあります。これは、アプリのトップ画面でメールアドレスを登録し、同じメールアドレスを子どものスマートフォンにも登録すると、離れている場合でも会話することができます。「MonStars」(Google Play ストア)

■関連記事
Motorola、Moto G Turbo EditionのAndroid 6.0アップデートをインドで開始
Sony Mobile、ピンクのスタイルカバー用テーマアプリをリリース
がうがう、Xperia C5 Ultra用の手帳型ケースとTPUケースを発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP