ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビッグローブ、セブン&アイ「omni7」でのSIM販売も開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ビッグローブ株式会社は、自社が運営する「BIGLOBE SIM」の利用状況が確認できる「BIGLOBE SIMアプリ」の提供を1月18日より開始。また、全国80,000カ所のアクセスポイントを利用可能な公衆無線LANサービス「BIGLOBE Wi-Fi」を2月1日より開始することを発表。さらに本日より、「omni7」でのSIM販売もスタートしました。
提供を開始したBIGLOBE SIMアプリは、BIGLOBE SIM契約者が利用状況をスマホからいつでも手早く確認することのできるというもの。当月の高速データ通信量の確認できるのはもちろんのこと、前月の総通信量や契約内容の確認・変更、会員サポートページの閲覧や関連サービスの紹介など、BIGLOBE SIMユーザがより便利に利用できるような仕組みを搭載しています。

アプリは無料でGoogle Playストアからダウンロードできるようになっています。なお、iOS向けのアプリについては2016年3月の提供を予定しているとのこと。iPhoneユーザでBIGLOBE SIMを使っている人はいましばらく待つ必要があるようです。

全国80,000ヶ所のアクセスポイントが使える!BIGLOBE Wi-Fi、利用対象も拡大へ
従来、BIGLOBE SIMユーザ向けに提供していた公衆無線LANサービス「Wi-Fiスポット」が、2月1日から「BIGLOBE Wi-Fi」にリニューアル。これまでと同じくBIGLOBE SIMユーザが無料で利用できるのに加えて、BIGLOBE接続会員(ビッグローブ光など)もライセンスを取得することができます。BIGLOBE SIM利用していない、または現在BIGLOBEの接続会員でなくても、月額200円の「ベーシック」コースに加入することでWi-Fiサービスが利用できます。BIGLOBE Wi-Fiの利用料は1ライセンスあたり月額250円。BIGLOBE SIM「ライトSプラン」「12ギガプラン」契約者は1ライセンス無料で使用することができます。

「BIGLOBE Wi-Fi」の利用はBIGLOBE IDにつき1ライセンスが付与されていましたが、複数端末や家族での利用を訴えるユーザの声を反映する形で、1つのBIGLOBE IDあたり最大10ライセンスまで追加ができるようになります。ただし、ライセンスの追加は有料となっており、1ライセンスあたり250円です。

本サービスは全国のコンビニや主要駅、東海道新幹線N700系車内、スターバックスなど80,000ヶ所で利用することができます。アクセスポイントについては今後も拡大させていくとのこと。

イトーヨーカドーの通販サイト「omni7」でBIGLOBE SIMの取り扱い開始
 
1月19日、セブン&アイ・ホールディングスのオムニチャンネル「omni7(オムニセブン)」において、BIGLOBE SIMパッケージの取り扱いを開始しました。omni7でのSIMパッケージ販売はこれが初。価格は3,000円で「音声通話対応SIM」「SMS対応SIM」「データ通信専用SIM」といった各プランが標準SIM・マイクロSIM・ナノSIMから選択できます。

omni7は指定した住所への配送以外に「セブン-イレブン」をはじめとするセブン&アイホールディングスの対象店舗にて受取れます。今回、イトーヨーカドーの通販サイト「omni7」での取り扱いとなっていますが、店頭販売も期待したいところです。

(文:SIM通編集部) 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP