ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

手術や投薬と違って検査は儲からぬと乳がん若手医師不足に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨年12月25日、千葉県がんセンター(千葉市中央区)が会見を行い、早期乳がんの患者Aさん(30代)と進行乳がんの患者Bさん(50代)の検体(検査の材料となる血液や組織)を取り違え、誤った診断により、Aさんの右乳房を全摘出する手術をしたと発表した。

 すでに患者2人と家族に謝罪し、院内に事故調査委員会を設置して原因を調べている最中だと報告したのだ。

 病気になったとき、重篤であればあるほど「有名な病院に行きたい」「名医に診てもらいたい」と思うのは当然のことだ。ましてや、今回のような事故を耳にすれば、そんな危険のない病院にかかりたいと一層思うだろう。

 でも、一生懸命病院を選んで信頼できる医師に委ねても、今回のような事故に遭遇する可能性はゼロにはならない。千葉県がんセンターも、その地域では信頼された病院だったのだから。

 とすると、私たちが事故を未然に防ぐためにはどうしたらいいのか。まず考えつくのは、「セカンドオピニオン」だ。

 セカンドオピニオンとは、今かかっている主治医の診断や治療方針だけに依らず、患者がほかの医師に相談して求める見解のことをいう。

 主治医の診断等に納得がいかない場合に、転院したり、ほかの病院で治療を受けたりするのではなく、違う意見も聞いた上で、患者が最終的に納得した治療に至ることが目的だ。今回の事故の場合も、もしAさんが針生検の結果に疑問を感じて、他院に行っていれば――。

 だが、医師で医療ジャーナリストの森田豊さんは、驚くべき事実を指摘する。

「セカンドオピニオンを受けたとしても、最初の病院で生検をしたら、その組織の標本や診断結果を別の病院に持って行くのが一般的です。別の病院で、生検の検査をし直すことは稀でしょう。ですから、取り違えられた細胞組織を持っていって診てもらっても、あまり意味はない」

 本当は早期がんなのに、最初の病院で“進行がん”の結果と取り違えられてしまったら、セカンドオピニオンをしても、結果は進行がんになる可能性が高いということだ。

「乳がんの場合は、基本的に“2度刺し”はしません。針を刺して細胞を採る生検は、患者さんへの負担が大きい。何度も部位を刺すことによって、良性の腫瘍の場合でも刺激されて大きくなることがあるし、悪性の腫瘍だと、がん細胞が複数個所に散らばってしまうリスクもあるからです」(ベルーガクリニック院長の富永祐司さん)

 また、医師によってはセカンドオピニオン自体を嫌がる人もいる。診察に疑問を感じてセカンドオピニオンを申し出たところ、明らかに不満そうな表情を浮かべて、“それなら当院では診ない”“こちらが信用できないのか”と迫る医師は、実のところ少なくない。もっとも、そのような医師は、こちらから“願い下げ”だ。

 さらに、乳がんのセカンドオピニオンに不充分な点や気がかりな点があるとするならば、最初の病院の診断内容や医師に不安を感じた際、別の病院にセカンドオピニオンを聞きに行くのではなく、“別の病院に改めてかかる”というのもひとつの手だろう。

 もちろんこの場合、“2度刺し”のリスクを理解する必要がある。

 そうしたことからもわかるように、最初に診察してもらう病院はくれぐれも慎重に選ぶべきだ。良い病院を選ぶにあたって、検査、診察、手術の説明の際にチェックできるポイントがあるという。

「いいことや励ましばかりではなく、治療によってどんなリスクがあるか。副作用や合併症、最悪のケースなど、悪い要素までをきちんと説明してくれる医師を選びましょう。悪いことも説明できる病院や医師は、治療の過程で起こりうるリスクを多岐にわたって予測しています。医療事故に対しても真摯に予防策を講じていることが多いんです」(森田さん)

 診断の内容を疑う上で注意したいのは、「進行がんに間違われて必要のない手術を受ける」というケースだけでなく、「がんの疑いがあったけど、がんではなかった」という場合も同じだということ。

「乳がんは他のがんと違って腫瘍の大きさがとても小さい。進行がんでもわずか2cm、初期の段階では1cmや数mmです。マンモグラフィーや超音波、触診など一般的な乳がん検診で異常が見つかって針生検などの検査をしても、施術者の技術力が低ければ針ががん細胞に当たらず、結果が陰性と出ることも少なくありません。本当はがんなのに、発見されず放置されてしまうパターンも決して珍しくない。乳がんを診断できる医師が充実していない、ということも日本の課題です」(富永さん)

 乳がんの分野においては、「手術や投薬は儲かるけど、検査は儲からないし、乳がん診断の方法に新しい発見もないので、取り組む若手がおらず不足している」(都内で勤務する乳がん医師)ということが問題視されているのだ。

“儲からないからがんを見つけられない”…一部の医療現場では、乳房がそれほど軽い存在であるという事実を私たちは受け止めなければならない。そうすれば自ずと、日々のセルフチェックと女の病気に関する情報収集がいかに大切か見えてくるはずだ。

※女性セブン2016年1月28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
医師「セカンドオピニオン受けるのはいい気持ちはしない」
乳がん体験者の会が乳房再建手術経験女性のフォトカード発売
近年増加傾向にある乳がん患者受け入れ数トップ10病院発表

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。