ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

膵がん正診率が100%近い「超音波内視鏡穿刺吸引検査」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 膵臓は胃の真裏にある20センチほどの臓器で、消化のための膵液や血糖をコントロールするインスリンなどのホルモンを作っている。胃や十二指腸の背部にあるため、腫瘍は超音波(エコー)では発見が難しい。さらに膵がんは塊を作らず、パラパラと拡がるタイプが多いため、膵実質との境界がわかりにくいという性質がある。

 このためCTでも小さい段階では見落とされることもあり、手術ができないほど進行してから見つかることが多い。膵がんは一般的に膵液を十二指腸に送る膵管にできる通常型がんを指すが、CT検査などで膵管拡張が見つかり、黄疸もともなっているので手術したところ、慢性膵炎だったというケースもあったりして、術前の正確な診断が難しい臓器といえる。

 愛知県がんセンター中央病院消化器内科部の肱岡範(ひじおか・すすむ)医長に話を聞いた。

「1センチ以下で発見された膵がんの5年生存率は約80%と高いのですが、1~2センチの5年生存率は50%になります。現在発見される膵がんは、ほとんど2センチ以上で、約85%が手術不能で難治がんの代表といえます。

 確定診断法としてヨーロッパで行なわれていたEUS-FNAを、1997年に部長の山雄健次(やまおけんじ)が導入しました。以来、技術の研鑽(けんさん)を続け、1センチ以下のがんでも、100%近く診断できるようになっています」

 EUS-FNAは、患者に全身麻酔を施し、胃の中に超音波内視鏡を挿入する。胃や十二指腸の壁を通して、裏側の膵臓に高周波の超音波を当てて解像度の高い画像を得る。満遍なく膵臓を検査し、膵管の拡張や腫瘍などを発見する。

 病気が見つかったら、針を内視鏡に入れて胃の粘膜側から膵臓に刺し、細胞を吸引して取り出す。血液とともに取り出された細胞をすぐに医師と細胞検査技師で顕微鏡検査し、診断に十分な量が採取されているかを判断する。足りない場合は、再度細胞を穿刺吸引する。この迅速診断は10分程度で終了する。

 2010年にEUS-FNAが保険収載され、全国の医療施設に普及したものの、中には技術が足りないために病変を発見できない、または発見できても、うまく細胞が採取できないなど診断能力の低さから、逆に診断が遅れるという事例も発生している。十分に経験のある施設を選択することが求められる。

「最近、膵臓学会で注目されているのが、膵のう胞です。健康診断などで発見されることが多いのですが、膵のう胞がある方は、ない方に比べ膵がんのリスクが20倍以上になることが判明しました。膵のう胞を有する方は、膵臓全体が前がん病変にあると考え、1年に2回の定期的な経過観察を学会では推奨しています」(肱岡医長)

 膵がんは自覚症状がほとんどないといわれるが、糖尿病の悪化、50代を過ぎて初めて糖尿病を発症した場合は、膵がんを疑い検査が必要だ。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2016年1月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
身体に腫瘤でがんと混同も 厄介な免疫グロブリンG4関連疾患
人間ドックでは難しい早期がん発見のAICSは患者負担も少ない
「2人に1人が癌に」と保険会社いうが50歳までに罹る確率2%

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP