ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

倖田來未、新曲「On And On」縦型MVフルサイズを特典映像として収録

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先月、新曲「On And On」のスマホ向けミュージックビデオを発表した倖田來未。従来の16:9の横長のミュージックビデオとは異なり、スマホの縦長サイズに合わせたこれまでにはない新しい映像作品となっているこのミュージックビデオが、明日発売となるバラードコレクションアルバム「WINTER of LOVE」のスマプラムービー特典映像として収録されることが発表された。スマプラムービーに縦動画が収録されるのは倖田來未が初となる。

縦長の映像作品は最近でこそ駅を中心に見かけることが増えてきているが、技術的にはまだまだ新しく、配信サイトなどで販売することは難しいのが現状だ。今回のアルバム「WINTER of LOVE」は全形態スマプラサービス付きということもあり、なんとかスマホバージョンの映像配信を行えないかという想いが今回の結果につながった。文字通り、「WINTER of LOVE」を購入しなければ「On And On」の縦型バージョンのフルサイズミュージックビデオは見ることができないということになる。

“人と人との繋がり”をテーマに描かれたこの楽曲は、既にYouTubeでショートバージョンが公開されているが、制作にあたり「どうしたらリスナーとの繋がりを表現できるか?」が課題になったという。そこでヒントになったのがテレビ電話。まるでリスナーとテレビ電話をしているかのようなセルフィーシーンを盛り込むことで、よりユーザーとの距離が近い作品に仕上がっている。特にセルフィーシーンはファンにとってはたまらないシーンのようだ。

「家族や恋人と離れ離れになった時って、テレビ電話とかしますよね。ファンのみんなのことを思って書いた曲だったので、みんなに話しかけるような、繋がっているような、そういうMVが作れたらいいなと思って。一人一人に電話することはできないけど、私とテレビ電話しているような気持ちで見てもらえたらいいなと思いますね。」―倖田來未

スマプラムービー特典映像には、「On And On」スマホバージョンに加え、360°見渡すことができる新感覚のミュージックビデオ「Dance In The Rain」も初収録となり、「WINTER of LOVE」はスマホでも楽しむことができるコンテンツが満載のアルバムになっている。この特典映像は、AL+DVD(RZCD-86046/B)、AL+Blu-ray(RZCD-86047/B)のみ収録となる。

もちろん、「On And On」「Dance In The Rain」共に通常の横長のミュージックビデオも収録され、それぞれのバージョンを両方楽しむことも可能だ。

倖田來未「On And On」(for mobile)- short ver. -

倖田來未「Dance In The Rain -360°music video-」(from ニューアルバム 「WINTER of LOVE」)

※本映像は椅子にお座りいただき、お手持ちのスマートフォン/タブレットを正面にお持ちいただいてから映像を再生し、前後左右様々な角度をごお楽しみいただくことを推奨します。
※Wi-Fiを通して映像を再生するとより高画質の映像をお楽しみいただけます。

リリース情報
アルバム「WINTER of LOVE」
2016年1月20日発売

(CD)RZCD-86048 2,400円+税

(CD+DVD/MUSIC VIDEO付)RZCD-86046/B 3,000円+税
(CD+Blu-ray/MUSIC VIDEO付)RZCD-86047/B 3,500円+税

ファンクラブ限定盤(CD+DVD)RZC1-86049/B 4,500円+税
予約:http://rhythmzone.net/koda/

関連リンク

倖田來未 オフィシャルサイトhttp://rhythmzone.net/koda/
■倖田來未 facebookhttp://www.facebook.com/KodaKumiOfficial
■倖田來未 twitterhttps://twitter.com/KODAKUMINET/
■倖田來未 オフィシャル、モバイルファンクラブ「playroom」(共通)http://kodakumi.net/
■ファンクラブ倖田組(PC・モバイル・スマートフォン共通)http://fc.avex.jp/koda/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP