ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【神楽坂】都内にいながら日本中の離島料理が食べられる「離島キッチン」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨今、グルメに敏感な人の間で「離島」のキーワードが人気急上昇中。B級グルメ、ご当地グルメの次なるブームとして、離島グルメが注目されているんです。そこで今回は、離島に行かずとも離島グルメが食べられる、東京の「離島キッチン」をご紹介しましょう。

離島グルメの魅力

地方を旅することがあっても、アクセスに時間がかかる離島は行きにくいもの。そんな事情もあって、これまで離島グルメはあまり着目されて来なかったのですが、だからこそ、伝統的な味付けや独自のメニューが新しい発見として、私たちに新鮮な感動と驚きを与えてくれます。

東京・神楽坂にある「離島キッチン」では、島でとれた新鮮な魚を直送で入手し、日替わりでお刺身を提供。


(C) facebook/離島キッチン(写真:幸 秀和)

それだけでも垂涎ものですが、島の素材をはじめ、調味料や料理法を用いて、離島ならではのメニューを提供しています。「隠岐島のこのわた(なまこの腸の塩漬け)」「屋久島の鯖スモーク」「沖永良部島のパパイヤの漬け物」など、初めて出会う味も多いのではないでしょうか。

月替わりでめぐる離島のグルメ

離島キッチンでは、毎月異なる離島を紹介し、歴史的背景や風土の特徴に触れながら、月替わりで離島グルメを紹介しています。1月は新潟県の佐渡島で、焼きスケトウダラを加えて作るお煮しめが登場。全国的にも珍しいこのお煮しめ、さすが海に囲まれた島ならではのグルメですね。

このほか、ふぐの卵巣を2年以上漬けて作る絶品珍味「ふぐの子の粕漬け」や、佐渡島のブランド柿である「おけさ柿」で作った「おけさ干し柿」もいただけます。


(C) facebook/離島キッチン(写真:幸 秀和)

ランチでお得に離島めぐり!

また、ランチには「島めぐりランチ御膳」として、全国の離島グルメが一同に勢ぞろいした定食も登場!


(C) facebook/離島キッチン(写真:幸 秀和)

淡路島のたこの唐揚げ、倉橋島のカキフライ、トカラ列島のかつおのたたき、保戸島のマグロ漬け、篠島のしらすおろし、隠岐島のふくぎ茶、などなど、豪華な内容となっています。こんなにたくさんの種類の離島グルメを食べられるのは、離島キッチンだけかもしれません。

世界中から称賛される和食ですが、離島グルメを前にすると、私たちも知らないものがまだまだ隠れているような気がします。東京にいながら旅行気分も味わえる離島グルメ。早くも今年大ヒットの予感がします。

[Photo by Shutterstock.com]

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP