ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

有川浩『旅猫リポート』が英訳決定! 翻訳者は村上春樹・大江健三郎を手がけた大物

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 イギリスの出版社、トランスワールドが18日、有川浩による小説『旅猫リポート』の英訳版権を講談社から獲得したと発表した。
 同社編集者のジェーン・ローソン氏は「出会ってすぐに繋がりを感じた」とこの作品を評し「ブッククラブ(イギリス国内に多く存在する読書好きのコミュニティ)を超えて訴求するだろう」とした。

 『旅猫リポート』はこれまでに、ドイツ、イタリア、中国、ベトナム、韓国、台湾で刊行され、スペイン、フランス、ポーランドからも刊行の申し入れがあるという。今回の英訳版権獲得によって英語圏がカバーされることになるが、目を引くのはその翻訳者である。この作品の英訳を担当するアリゾナ大学教授、フィリップ・ガブリエルは『1Q84』『海辺のカフカ』といった村上春樹の主要作品の翻訳者であると同時に、大江健三郎、桐野夏生、吉田修一といった日本人作家の作品も手掛けてきた日英訳の大物。氏の翻訳による、『THE TRAVELLING CAT CHRONICLES(英題)』は2017年春に刊行予定とされている。

 『旅猫リポート』は、猫のナナと、ナナを手放さなければならなくなった飼い主の物語。新しい飼い主を捜すべく出発した彼らの旅が、ナナや飼い主・サトルの視点から語られる。
日本でも第34回吉川英治文学新人賞、第26回山本周五郎賞の候補として挙げられ、ヒット作となった。

情報元:Transworld Acquire Japanese Novel, The Travelling Cat Chronicles(booktrade.info)
(新刊JP編集部)


(新刊JP)記事関連リンク
『1Q84』は外国人にどれほど認知されているのか?
村上春樹の名作、実はパロディ?
紀伊國屋書店新宿本店 ピクウィック・クラブさんに聞く『この作家は、まずはこの本から読め!』

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP