ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コレを買うべし!ニュージーランドのおすすめのお土産20選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Ikkoshi Ota「美しいテカポ湖を後にワナカ〜クイーンズタウンへψ(`∇´)ψ」

TRiPORTライターのさとりんです。
「地球の箱庭」とも呼ばれるニュージーランドは、大自然がぎゅっと詰まった、緑豊かな国。
一年中雪で白くなった山に、神秘的な湖、夜空には満点の星空が広がり、牧草地帯ではのんびりと過ごす羊たちの姿。
そんな魅力溢れるニュージーランドのお土産ってご存知ですか?
想像してみると出てくるのは、木の実のジャム、羊の毛とか?? ニュージーランドっぽいものって何だろう、、、。
でも実は、ニュージーランドの特産品ってたくさんあるんです。
今回は、かわいらしくて女子ウケしそうなニュージーランドのお土産を20個ご紹介します。

<ニュージーランドのおすすめのお土産20選>

1. メリノウールの商品

Photo credit: sand_and_sky via flickr cc

ニュージランドと言えば羊! ニュージーランドでは今でも羊毛産業が盛んに行われています。メリノウールはメリノ種の羊から作る高級品質のウール。普通のウールよりも繊維が細く、丈夫で肌触りが優しいのが特徴です。
値段は商品によって違いますが、日本で買うよりも断然お得なので、ニュージーランドに行った時には、忘れずにゲットしたいですね。
あったかいので、寒い所に住んでいる人や、寒いのが苦手な人、体調を気遣ってあげたい人へのお土産にいかがですか?

2. ハンドメイドの石鹸

Photo credit: Alan Levine via flickr cc

かわいい色や形をしたハンドメイドソープがお土産に人気です。
豊かな自然に囲まれたニュージーランドには、ナチュラル思考のお店が多くあり、その中でもかわいい色や形をしたハンドメイドソープが人気です。
ニュージーランドのハンドメイドソープは天然の湧水や高品質の植物オイル、自然の花々などが主な成分となっていて、人口香料や動物性油脂、防腐剤などは一切使用していません。
種類も豊富で、肌にも優しいので、友達用だけでなく、自分用にも買って帰りたいお土産です。ばらまき用にも最適。送った人の心と肌の両方が喜ぶお土産になると思いますよ。

3. マーマイト

Photo credit: Kent Fredric via flickr cc

スーパーで買えちゃうお手頃なお土産のマーマイトは、ビール醸造の酒粕が原料になっている健康食品で、ニュージーランドの国民的食べ物。
チョコレートクリームの様な黒っぽい色をしているペースト状の発酵食品で、パンに塗って食べるのが一般的。味の好き嫌いは、はっきりと意見が分かれます。日本の塩辛に似ているかも。
マーマイトの本家、イギリスのものよりも少しマイルドで、オーストラリアのベジマイトとも違うニュージーランドのマーマイト。是非、ご賞味あれ。
また、ビタミンBを多く含んでいて美容と健康にもいいので、マーマイト好きの友達や、美容を追求する子、話題作りのお土産としておすすめです。

4. グリーンストーン(ポウナム)

Photo credit: missbossy via flickr cc

大切な人へのお土産にぴったりのグリーンストーン。
このグリーンストーンは、マオリ語でポウナムとよばれるヒスイを使用して作るマオリの工芸品です。ニュージーランドのヒスイは、緑に深みがあり、透明度が高いのが特徴。
グリーンストーンは、それぞれの形ごとに意味を持っているパワーストーンで、自分へのお土産にもいいですが、グリーンストーンは、誰かからプレゼントされた方がより力を発揮すると言われています。なので、是非大切なあの人へのお土産にしてみてください。
あなたは大切なあの人へ、どんなメッセージが込められたグリーンストーンを贈りますか?

5. Whittaker’sのチョコレート

Photo credit: Chris Tse via flickr cc

ニュージーランドの定番チョコレートで、ニュージーランドで一番おいしいチョコレートと言われています。
サイズはかなり大きめですが、フレーバーが何種類もあり、おいしいのでペロリと食べられちゃいます。なので食べすぎには注意が必要です!
特におすすめは、キウイフルーツチョコレート。ニュージーランドらしいお土産として人気です。他にもホーキーポーキー味やシーズン限定のフレーバーもおすすめ。
甘いもの好き、チョコ好きな人には絶対に喜ばれるお土産で、ばらまき用としてもおすすめです。
ほとんどのスーパーで買うことができるのも嬉しいですよね。1枚NZ$4ほど。

6. Wild Fernsの商品

ニュージーランドと言えば、自然派化粧品。その中でも人気なのが「Wild Ferns」というブランド。Wild Fernsは全てニュージランドの成分を使用していて、美容業界で初のロトルアの天然泥に着目し、商品開発をおこなった会社です。ニュージーランドでしか手に入らないので、喜んでもらえるお土産です。
天然泥をはじめ、キウイ、マヌカハニー、ラノリンを配合したユニークな商品が豊富にラインナップされています。
特に、お土産にはハンドクリームがおすすめ。ハンドクリームは送る人の肌質などをそんなに気にしなくてもいいので、プレゼントしやすいです。
値段もお手頃で、コンパクトなので、仲のいい友達や会社の同僚などにたくさん買って帰れます。

7. ローゼス・ライムマーマレード

ニュージーランドのスーパーは日本に比べると、ジャムやマーマレードなど、パンに塗るものの種類が豊富に取り揃えられています。
その中でおすすめなのが、ローゼス・ライムマーマレード。とてもさわやかな風味で、オレンジマーマレードの苦みが苦手な人でも、これなら苦みもそんなにないので食べられると思います。
さらに、日本であまり見かけないのでお土産向きですよ。是非、ニュージーランドの味を日本に持って帰ってください。

8. ニュージーランド限定のTWININGSの紅茶

イギリスの紅茶メーカーのトワイニングから、ニュージーランド限定のトワイニングの紅茶が出てるんです。
それがニュージーランド・ブレックファーストとニュージーランド・アールグレイ。
もともとは期間限定で発売されていましたが、あまりの人気のため、定番商品になりました。
飲みやすいと評判がいいです。スーパーで買うことができ、安くて軽く、また、パッケージもニュージランドらしいものなので、お土産におすすめ。
紅茶好きの人や上司の奥様などに送れば、喜ばれると思いますよ。

9. オールブラックスグッズ

Photo credit: Phillip Capper via flickr cc

戦いの前の儀式として「ハカ」のダンスを踊ることで有名なニュージーランドのラグビーチーム「オールブラックス」。
ハカは勇ましさ、威嚇、選手たちの士気を高め、体を整える役割をする重要な踊りで、これを行うことによって試合がより盛り上がります。
国内外でもファンの多い、オールブラックス。オールブラックスのグッズは日常で使えるグッズからベビー用品まで幅広く取り揃えてあるので、ラグビーファンでなくても喜んでもらえると思いますよ。

10. カウリガム

Photo credit: Tatters ❀ via flickr cc

ニュージーランド固有の世界最大級の巨木「カウリ」。このカウリの樹液が固まってできた石がカウリガムで、ニュージーランドの琥珀とも呼ばれています。アクセサリーや彫刻、チューインガム、顔料などの原料にもなっています。
このカウリは19世紀に乱伐されてから、年々減ってきていて、現在ではとても貴重な木となっています。
もしニュージーランド内でカウリガムのアクセサリーを見つけたら、お土産に買ってみましょう。ニュージーランド産の貴重なお土産になりますよ。

11. プロポリス

Photo credit: Four Brewers via flickr cc

日本でも話題のプロポリス。プロポリスとは、バクテリアやウイルスから巣を守るため、ミツバチたちが木から集めた樹脂と自分たちの分泌液を混ぜて作りだす天然物質。
そんなプロポリスは、万能! 免疫力を高めてくれたり、活性酸素を除去してくれたり、血液の調整、花粉症、血管の修復、アトピー性皮膚炎にいいんです。
ニュージーランドのプロポリスは、他のものに比べ、フラボノイドが高いので、殺菌、抗菌、抗ウイルス、抗酸化作用、抗カビに効果があるといわれているので、プロポリスを買うならニュージーランド産がおすすめ。
1日1カプセル接種するだけでいいという、気軽さが嬉しいですね。
価格は、180カプセルでNZ$150ぐらい。液体タイプはNZ$40ぐらい。
体調面をサポートしてくれるお土産、きっと喜んでもらえるものになることでしょう。

12. 羊のグッズ

Photo credit: anne beaumont via flickr cc

羊のイメージがかなり強いニュージーランドなので、羊モチーフのグッズであれば、ニュージーランド感がグッと高くなります。
ニュージーランドにはかわいい羊のグッズがたくさん売っています。羊のぬいぐるみに、羊のティッシュカバー、置き物、食器などどれもとってもかわいいものばかり。白くてもこもこの羊に、子供、大人関係なくキュンキュンしちゃうと思います。目移りして選ぶのも大変かも! 女子や子供には絶対にウケる、ニュージーランドで根強い人気のお土産です。

13. プラセンタ美白美容液

女性へのお土産にしたいのがプラセンタ美容液。ニュージーランドの羊の胎盤から採れるプラセンタを使用したスキンケア商品です。プラセンタにはいろんな種類のアミノ酸やミネラルが含まれ、美肌に効果的。
ニュージーランドで最高のグレードのプラセンタ&アルファアルブチンを使用したプラセンタ美白美容液は、プラセンタに加えアルファアルブチンが加わることによって、シミやシワにもアプローチしてくれます。使い心地もよく、使い始めて数日で肌が1トーン明るくなり、シミも目立たなくなると評判です。
また、日本の厚生労働省の許可を受けた美白成分なので、安心して使えます。
お値段は少々はりますが、自分用や、彼女など女性へ少し高価なお土産を送りたいなら、プラセンタ美容液を選んでみて。

14. クッキータイム

Photo credit: derek rose via flickr cc

ニュージーランドのお菓子のお土産として人気なのが、クッキータイム。
原宿にもお店がオープンし、日本でも大人気で、わざわざ新幹線に乗ってクッキータイムを買いに来る人もいるとか! 
1枚が大きく、ユニークなキャラクターが描かれたファニーなパッケージも海外っぽくておしゃれ。味も定番のチョコレートチップをはじめ、ホワイトチョコレート、アプリコットチョコレートなどがあります。ニュージーランドでしか販売されていない味もありますよ。
個別包装されているので、ばらまき用にもぴったりです。会社などへのお土産に最適です。
南東のクライストチャーチが発祥地で、そこにある工場兼ショップではNZ$2ほどの値段で買うことできます。激安!!

15. キウイフルーツ関連

Photo credit: Justus Blümer via flickr cc

ニュージーランドはキウイの収穫量が世界第3位です。そんなニュージーランドではキウイを使った食べ物がたくさん売られています。
キウイフルーツやマヌカハニーのショートブレッドやキウイチョコレート、またニュージーランドのキウイの味をもっとダイレクトに感じたい方にはキウイジャムがおすすめ。日本ではあまり見かけないジャムだし、ニュージーランドらしいお土産になります。
味も、自然な甘さの中にもコクがありとってもおいしいですよ。

16. フラットホワイト

Photo credit: Chihiro Inukai「kiwiの生活に触れる旅✨」

フラットホワイトとは、ニュージーランドやオーストラリアで定番のコーヒー。エスプレッソ3分の2に対しミルクを3分の1入れて、上に泡が少なめのスチームミルクをのせたラテの様な、新感覚のコーヒーです。ラテよりもミルクの泡がきめ細かいのが特徴で、エスプレッソの苦みとミルクのまろやかさがマッチした抜群の味です。
コーヒー好きな人に送ると興味をもってもらえるかも。スーパーなどで安く買えるので、会社へのお土産にもおすすめです。

17. マヌカハニー

Photo credit: Grey Geezer (Own work) [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons

ニュージーランドの特産品と言えば、ティーツリーの花から採れるマヌカハニーが有名。このハチミツは、殺菌力が強いため、原住民のマオリ族に古くから伝わる薬として使われてきた、とっても体にいいハチミツです。
そのため、ニュージーランドでは食べ物というよりかは、のどが痛い時に舐めたり、火傷や傷に塗ったりして使っています。
お値段は1個NZ$30~と高めですが、日本に比べたら断然お得! 
お土産屋さんでも売っていますが、スーパーやドラッグストアでも売っているので、そちらの方が安く買えますよ。
ニュージーランドのお土産の定番アイテムなので、忘れずに買って帰りましょう。

18. マオリの工芸品

Photo credit: Tatters ❀ via flickr cc

値段は高めですが、お土産にしたいのが、マオリの伝統工芸品。自然をモチーフにして作られているマオリの木彫りの雑貨たちは、個性的。雑貨は、かっこいいアクセサリーやかわいい小物入れなどが中心です。
特に、ボーンカービングというデザインのアクセサリーや、パウア貝をワンポイントで用いたものが人気です。パウア貝を使用することで、マオリの木彫りに華やかさを生み出します。
ニュージーランドで実際にマオリ文化に触れたなら買っておきたい、自分用のお土産におすすめです。

19. ムートンブーツ

Photo credit: Snowball181 (Own work) [CC BY-SA 3.0 or GFDL], via Wikimedia Commons

ニュージーランドにはウール100%の製品がたくさんあります。そんなニュージーランドのムートンブーツは、中のウールが良質でふっかふか、とっても温かくて保湿性も高いので人気のお土産になっています。一度足を入れたら、即決! そのたまらない履き心地に感動すると思いますよ。
是非、自分用のお土産としていかがですか? 寒い時期はニュージーランドのムートンブーツが手放せなくなるかも!
値段が高すぎてという方は、クライストチャーチやワナカのシープスキン工場に行けば、激安でムートンブーツをゲットできますよ。

20. ニュージーランド産のワイン

Photo credit: Norio NAKAYAMA via flickr cc

年々国際的に知名度を上げているニュージーランドのワイン。世界のワインランキングでも評価が高いです。
ニュージーランドのワインは、NZ$8~と安いのにおいしいのが嬉しい! 種類も豊富で、スーパーには赤、白、スパークリング、ロゼなど100種類ぐらいが並んでいます。
お酒好きな人におすすめのお土産です。

<おすすめのワイン>
■赤ワイン
クラギー・レンジ ル・ソル(Craggy Range Le Sol)
グレイストーン ピノ・ノワール(Greystone Pinot Noir)
ヴァリ ワイタキ ピノ・ノワール(Valli Waitaki Pinot Noir)
■白ワイン
アタ・ランギ クレイグホール シャルドネ(Ata Rangi Craighall Chardonnay)
ブリックベイ ロゼ(Brick Bay Rose)
アカルア ブリュット ノンヴィンテージ(Akarua Brut NV)

おすすめのお土産屋さん

.tg {border-collapse:collapse;border-spacing:0;}
.tg td{font-family:Arial, sans-serif;font-size:14px;padding:10px 5px;border-style:solid;border-width:1px;overflow:hidden;word-break:normal;}
.tg th{font-family:Arial, sans-serif;font-size:14px;font-weight:normal;padding:10px 5px;border-style:solid;border-width:1px;overflow:hidden;word-break:normal;}

■OKギフトショップ/OK GIFT SHOP(オークランド店)
住所:Cnr. of Albert & Customs Sts., Auckland,ニュージーランド
電話:09-303-1951
営業時間:8:00~22:00(土、日、祝日 10:00~)
定休日:なし(元日、イースター、クリスマスは営業時間が異なる。)
クレジットカード:VISA、JCB、Master、アメックス、ダイナース
URL:http://okgiftshop.co.nz

■アオテア スーベニアーズ/Aotea New Zealand Souvenirs(オークランド店)
住所:Lower Albert Street, Auckland,ニュージーランド
電話:09-379-5022
営業時間:10:00~22:00(夏季9:30〜)
定休日:なし
クレジットカード:VISA、JCB、Master、American Express、ダイナース
URL:http://www.aoteanz.com/

■DFSギャラリア カスタムハウス/DFS Galleria Customhouse
住所:DFS Custom House 22 Albert Street, Auckland Central 1010,ニュージーランド
電話:09-308-0700
営業時間:夏季 11:00~22:00、冬季 11:00~21:00
定休日:なし
クレジットカード:VISA、JCB、Master、American Express、ダイナース
URL:https://www.dfs.com/jp

おわりに

悩んでしまうお土産選び。義理的に買うお土産だったりすると面倒だと思う人もいるかもしれません。
しかし本来お土産は、お土産をもらう方もあげる方もハッピーな気持ちになるもの。是非、お土産を送るあの人のことを考えてお土産探しをしてみてください。
きっと素敵なお土産選びをすることができると思いますよ。
あの人の笑顔が見たい時、この記事が力になればと思います。

ライター: Satoko Sumitomo
Photo by: anne beaumont via flickr cc

関連旅行記

*Ikkoshi Ota「晴れの町”ネルソン”」
*Ikkoshi Ota「世界一美しい星空!テカポ湖☆」
*Shohei Watanabe「ニュージーランド 1994年 大学生のとき1ヶ月スキーしにいきました。」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP