ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

金田正一氏 「長嶋人気」で闘争心高まり100倍練習100倍節制

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 レジェンド同士の奇跡の対談が実現した。400勝投手として野球界を代表する金田正一氏(82)と、日本人初の米国PGAツアー優勝などゴルフ界を代表する実績を持つ青木功氏(73)。公に対談をするのは今回が初めてだという2人が、野球のONK(王貞治、長嶋茂雄、金田正一)、ゴルフのAON(青木功、尾崎将司、中嶋常幸)に代表される、ライバルとの戦いについて振り返った。

青木:ライバルの存在は大事だよ。でもそれより、自分がどれだけ強くなれるかだろうね。オレはライバルは誰かと聞かれたら、いつも「自分とジャンボ(尾崎)」と答えていた。

金田:いい言葉だな。

青木:ジャンボが出てきてくれてよかったと思うのは、自分の長所も短所もわかったことかな。とにかくアイツは飛ばすんだ。負けじとオレも飛ばしてみたが、それだけでは勝てないことがわかった。飛んで曲がらないジャンボに勝つため、アプローチとパターを徹底的に磨いたんだ。ライバル心むき出しなんてもんじゃなかったよね。時間を忘れるほど練習したよ。それによって世界でも戦えたと思っている。アニキのライバルはやっぱり長嶋さん?

金田:8年も後輩で、デビュー当時で既に182勝していたワシにとってアイツは小僧だ。ライバルではない。だが、確かに意識はしたな。東京六大学のスターだったアイツがデビューすることがわかった時は、それまでの100倍トレーニングして100倍節制した。ワシも自分との戦いだったね。長嶋本人というより、「長嶋人気」がワシの闘争心に火をつけたんだ。

 その意味で最近は信じがたい連中ばかりだよ。選手同士で連れ立って、教え合いながら自主トレをする。青木よ、他の選手に技術を教えることなんて……。

青木:ない(とキッパリ)。

金田:だろう? なんで商売敵と一緒にトレーニングするのかさっぱりわからん。

青木:オレらの頃はすべてが独学だよね。師匠ですら「教えてください」なんて頼むと、「オレの技術はそんなに安くねェ」なんてブン殴られたもの。「自分の目で見て盗んで覚える」という時代だからね。

金田:技術は誰かに教えてもらうのではなく、自分で苦しみ抜いて得たものでないと、本当に強い相手とは戦えないよ。

※週刊ポスト2016年1月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
長嶋茂雄氏 王貞治氏との関係や天覧試合等V9の思い出を語る
長嶋茂雄氏がこれまで国民栄誉賞もらえなかった複数理由とは
長嶋茂雄が引退セレモニーのスピーチで1つだけついた嘘とは

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。