ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ZTE、高機能なNubiaミッドレンジモデル「Prague S」を正式発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ZTE は 1 月 18 日、スマートフォンのサブブランド「Nubia」の新モデル「Nubia Prague S」を中国で発表しました。Prague S は 5.2 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの Super AMOLED ディスプレイや Snapdragon 615 1.5GHz オクタコアプロセッサなどを搭載したミッドレンジモデルです。前作「My Prague」から大きくは変化していませんが、虹彩認証機能をサポートしたほか、カメラモジュールが ISOCELL イメージセンサーに変更されて、PDAF にも対応。メモリ容量は 3GB RAM + 64GB ROM にアップグレードされています。また、側面のグリップタッチで操作が可能な FiT 機能も搭載し、24bit / 192KHz のハイレゾ再生や Dolby バーチャルサラウンド機能にも対応しています。このほか、背面に 1,300 万画素カメラ、前面に 800 万画素カメラ、2,200mAh バッテリーなどを搭載。筐体サイズは 148.2 x 72.5 x 6.8mm / 135g です。今回発表された Prague S は中国モデルで、価格は 2,399 / 2,499 元となっています。Source : ZTE

■関連記事
HTCはバーチャルリアリティに特化した新会社を設立予定?
上海問屋、スマートフォンで3D動画が撮影できるカメラレンズ「サンディー(DN-13619)」を発売
Samsung、Galaxy S7シリーズ向けに新タイプのアクセサリー「LED View Cover」を開発中

juggly.cn
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP