ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

上海問屋、スマートフォンで3D動画が撮影できるカメラレンズ「サンディー(DN-13619)」を発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

上海問屋がスマートフォンで 3D 動画を撮影できるカメラレンズ「サンディー(DN-13619)」を発売しました。価格は税込み 1,299 円で、同社の直販サイトから購入することができます。「サンディー」は、よくあるクリップタイプの外付けカメラレンズなのですが、レンズ部分が特殊な形状となっており、スマートフォンのカメラレンズに装着すると物体を 2 方向から撮影できるようになっています。カメラの写真を表示するディスプレイでは、左右 2 分割で表示されます。ただし、カメラに装着する際には、ちょっとしたコツが必要のようで、スマートフォンを横向きの状態でカメラレンズを装着し、ディスプレイの表示がちょうど 2 分割になるようにレンズの位置を調節します。また、レンズの枠が写ってしまう場合は、少しズームをして枠が表示されないようにしてくださいとのことです。サンディーで撮影した動画は Cardboard などの VR ヘッドセットで視聴できるとされています。Source : 上海問屋

■関連記事
HTCはバーチャルリアリティに特化した新会社を設立予定?
Samsung、Galaxy S7シリーズ向けに新タイプのアクセサリー「LED View Cover」を開発中
HuaweiはAndroidとWindowsのデュアルブートノートPCをMWC 2016で発表予定?

juggly.cn
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP