ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

国宝にもなった松本城は必見!松本観光のすすめ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

長野県松本市のシンボルとも言える松本城。五重六階の天守で現存するお城の中では日本最古のものである松本城。

国宝にも指定されたその美しさは、歴史好きのみならず、多くの人を魅了するスポットです。是非足を運んでいただきたい城下町松本の魅力を、ご当地グルメも含めてたっぷりご紹介しましょう♪

1、松本城

国宝 松本城、その美しさが際立つ


ここが見どころ!

国宝 松本城 おもてなし隊と記念撮影

松本城をバックに甲冑姿の戦国武者や麗しい登久姫さまなど、国宝松本城おもてなし隊と記念撮影ができる。

城内の展示物にも注目!

松本城内には、天守の鯱や瓦などのほか、火縄銃や兵装品など、歴史的価値の高い展示物がいっぱい。

見事に復元された太鼓門

江戸時代は倉庫として使用されていたという太鼓門。明治初期に破却されたが、1999年に復元が完了。樹齢400年の檜、梁は140年の松を使用している。

写真提供:松本城管理事務所

松本城は戦国時代の永世年間に造られた深志城が始まり。歴史好きにも愛されているお城の一つです。その理由は北アルプスをバックにした雄大さ、天守建物の美しさ、城内の展示物など魅力は様々。

特に城内の展示物は火縄銃や兵装品など、歴史的にも価値が高いものがいっぱい。松本城をバックにした記念撮影は、戦国武者や麗しい登久姫のおもてなし隊と一緒に撮りましょう。 松本城

TEL/0263-32-2902

住所/長野県松本市丸の内4-1

営業時間/8時30分~17時、GW期間、夏期期間は8時~18時(最終入城は各30分前まで、1/1~3は要問い合わせ)

定休日/12/29~31のみ

観覧料/大人610円、小・中学生300円

アクセス/電車:JR篠ノ井線松本駅より徒歩15分

車:長野道松本ICより15分

「松本城」の詳細はこちら

2、松本市歴史の里

歴史を知って街を巡ると、より一層松本を楽しめるかも。

歴史を感じさせる建造物は必見!

江戸後期から昭和にかけて建てられた歴史建造物が並ぶエリア。旧長野地方裁判所松本支部庁舎は内・外部ともに完全な形で国内に残る唯一の和風裁判所として県宝に指定されています。

松本城をじっくり見た後に、この松本市歴史の里にも足を運び、松本市の歴史に心を馳せてみてはいかがでしょうか?入館料は大人400円で、中学生以下は無料です。 松本市歴史の里

TEL/0263-47-4515

住所/長野県松本市島立2196-1

営業時間/9時~17時(入館は16時30分まで)

定休日/月(祝日の場合翌日)

入園料/大人400円、中学生以下無料

「松本市歴史の里」の詳細はこちら

3、中町通り・なわて通り

趣のある二つの通りで、買い物を楽しもう♪

散策しながらお買い物!/中町通り

江戸の城下町を再現/なわて通り

趣のある「なわて通り」「中町通り」は、街並みだけで画になる雰囲気。散歩をするだけでも楽しいですが、せっかくならばお買い物を楽しみましょう!

「なわて通り」は女鳥羽川沿いにある江戸期の城下町を再現した商店街で、骨董品などレトロな掘り出し物が見つかるかもしれません。

「中町通り」は女鳥羽川の南側に位置し、なまこ壁の蔵造りの建造物が軒を連ね、民芸品や工芸品を販売しています。松本に来たからには、お気に入りの一品を手にして帰ってみては♪ 「中町通り」

TEL/0263-36-1421(中町商店街振興組合)

「中町通り」の詳細はこちら

「なわて通り」

TEL/0263-35-7737(ナワテ通り商業協同組合事務局)

「なわて通り」の詳細はこちら

4、旧開智学校

重要文化財にもなっている旧開智学校を観光しましょう!

和洋混合の独特の建築様式が美しい

旧開智学校は、1873年に開校した日本最古級の小学校。建築デザインが美しく、各窓に舶来のギヤマン(ガラス)を取り付けるなど、洋式と和式が混合した擬洋風建築の代表として知られています。 旧開智学校

TEL/0263-32-5725

住所/長野県松本市開智2-4-12

営業時間/9時~17時(入館は16時30分まで)

定休日/月(12~2月)、第3月(3~11月)

入館料/大人300円、小・中学生150円

「旧開智学校」の詳細はこちら

5、松本からあげセンター

美味しそうな匂いに思わずお腹が鳴ってしまいそう!

テイクアウトOKなので、帰りの電車のつまみにも

JR松本駅ビルにあるからあげの専門店。朝絞めの新鮮な国産鶏を信州りんごを使用した秘伝のタレに漬け込み、サクサクに揚げたからあげは絶品。テイクアウトもできるので、松本城をじっくり見学し、帰りに寄りたいスポットです。

帰りの電車の中でつまみで食べるもよし、おみやげに買って帰るもよし、旅の終わりには是非足をのばしてみてください。 松本からあげセンター

TEL/0263-87-2229

住所/長野県松本市深志1-1-1駅ビル4階

営業時間/10時~20時30分

定休日/不定

「松本からあげセンター」の詳細はこちら

6、野麦

観光地巡りにご当地グルメは必須!

長野に来たならそばははずせない

長野に来たら絶対に食べたいのは信州そば。特にこの「野麦」のそばは絶品で、地元長野県の地粉のみを使用し、石臼でひいた風味豊かな九割そばを食べられます。

メニューはそば1100円とかけそば1300円(冬季)のみで、このお店のそばに対する自信のほどが伺えます。そばのうま味を存分に堪能できるお店です。 野麦

TEL/0263-36-3753

住所/長野県松本市中央2-9-11

営業時間/11時30分~14時頃(売切次第終了)

定休日/火、水

「野麦」の詳細はこちら

7、石井味噌

味噌蔵見学も楽しい♪

味噌蔵を見学することもできる(8時~17時)

石井味噌では、昔ながらの杉桶で発酵させる天然醸造の製法を守り続ける、こだわりの味噌を製造販売。三年蔵赤味噌は750gで2000円、お値段の価値ある一品です。

味噌だけでなく、十年熟成の味噌ようかん600円などのスイーツも充実。味噌蔵の見学もできて、味噌作りについても勉強できます。見学時間は8時から17時です。 石井味噌

TEL/0263-32-0534

住所/長野県松本市埋橋1-8-1

営業時間/8時~17時

定休日/なし(年末年始を除く)

「石井味噌」の詳細はこちら

8、マサムラ洋菓子店

松本土産に天守石垣サブレはマスト!

なんとも上品な甘さにリピートする人続出!

洋菓子の老舗店として松本市民から40年もの間、愛されてきたマサムラ洋菓子店。ここの名物となっているお菓子が「天守石垣サブレ」で、マカダミアナッツ入りのサブレにホワイトチョコがはさまれたもの。

ざっくりした食感と、上品な甘さはクセにあり、リピーター続出。お土産に買っても喜ばれること間違いなしです。 マサムラ洋菓子店

TEL/0263-33-2544

住所/長野県松本市深志2-5-24

営業時間/9時~19時

定休日/火(月に2回、不定休の場合あり)

まとめ

松本城の美しいお城、地元のおいしいグルメ、温かな人々。歴史のある城下町にはクセになる魅力が溢れています。

※この記事は2016年1月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

あなたはどっち派!?海の幸VS山の幸!熊本・上天草温泉とわいた温泉郷のドライブ2コース
九州の穴場温泉地ランク3位!名湯の歴史を持つ湯平温泉でしっぽり温泉デート♪
冬といえばいちご狩り!竹田&宇佐で冬の大分観光ドライブ2コース

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP