ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

死ぬまでに訪れたい!ニューヨーク・タイムズスクエアの魅力

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Aurelien Guichard via flickr cc

こんにちは。TRiPORTライターのMayumiです。
世界各地から訪れる多くの人々を魅了する、ニューヨーク・タイムズスクエア。
大きな看板やキラキラとしたネオンが街中に溢れています。誰もが一度は経験してみたい年越しカウントダウンをはじめ、多くのイベントが開催される場所です。
今日はそんなニューヨークのタイムズスクエアの魅力を改めて紹介したいと思います。

タイムズスクエアについて

タイムズ・スクエア(Times Square)は、アメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタン区ミッドタウンにある繁華街・交差点の名称。マンハッタン島の42丁目と7番街、ブロードウェイの交差を中心に位置し、東西は6番街から9番街まで、南北は39丁目あたりから52丁目あたりに広がるが、厳密な境界はない。いわゆるブロードウェイ・ミュージカルが上演されている各シアターが所在するシアター・ディストリクトの中心とほぼ一致する。
タイムズスクエアには建物外壁へのビルボードの設置が多く、世界中の企業の広告や巨大ディスプレイ、ネオンサインや電光看板が多くあり、アメリカのみならず世界の繁華街の代表的風景ともいえる。世界中からの観光客が集まる場所でもあり、ここの交差点は世界の交差点と言われる。
出典:タイムズスクエア-Wikipedia

ここが噂のタイムズスクエア!

四季を楽しむ、タイムズスクエア

季節によって様々な表情をみせる、タイムズスクエア。
あなたはどの季節に訪れたいですか?

Photo credit: MsSaraKelly via flickr cc

Photo credit: Prayitno / Thank you for (9 millions +) views via flickr cc

Photo credit: Shinya Suzuki via flickr cc

Photo credit: m01229 via flickr cc

Photo credit: Dan Nguyen via flickr cc

春夏秋冬スペシャルイベント

ここ、世界の交差点「タイムズスクエア」は、四季折々のイベントが開催される、一年中活気のある場所です。特に、5月末のメモリアルデーから、9月までの夏は、グルメ、アート、音楽、花火など、イベントが盛りだくさんです!
10月は何と言っても本場、アメリカのハロウィンイベント。街中は、コスプレをした人々で賑わいます。お気に入りの仮想でパーティーに参加してみてもいいですね。
そして忘れてはいけないのが、クリスマスや、バレンタインデーのイベント。クリスマスには、点灯式が行われ、歌やダンスイベントなどが開催されます。また、恋人たちが愛の告白をしようと集うバレンタインデーには、イベントに合わせ、アーティストによって制作されたパブリックアートが展示されたりと、盛り上がりを見せます。
そして最後に、カウントダウンイベント。誰もが一度は経験してみたい、世界で一番有名なカウントダウンイベントです。
どの季節に訪れても、魅了されること間違いなしです!

ヨガイベント

Photo credit: Amanjeev via flickr cc

マリンデー

Photo credit: MarineCorps NewYork via flickr cc

タイムズスクエア・キスイン

Photo credit: Katie Killary via flickr cc

サンクスギビングデー・パレード

Photo credit: martha_chapa95 via flickr cc

世界エイズデー

Photo credit: The All-Nite Images via flickr cc

サンターキー

Photo credit: Anthony Quintano via flickr cc

バレンタイン

Photo credit: Inês Pires via flickr cc

様々な国の言葉で溢れる「あけましておめでとう」

Photo credit: Pavel Koelio via flickr cc

人気歌手の無料ライブや、ショー、有名スターが登場するイベントなどが開催される、世界で最も有名なタイムズスクエアのカウントダウンイベントです。

世界中から、新しい年を迎えようと多くの人々が集い、最後のカウントとともに大きな花火が打ち上があげられます。

実は、華やかに見えるこのイベントも、場所とり、8時間以上の長い待機時間などと、苦行の連続でもあります。ですが、一生に一度はこの場所でカウントダウンを迎えてみたいですね。

ニューヨーク カウントダウン 2016

2016年のカウントダウンイベントの様子です。

<ニューヨーク・タイムズスクエア旅行記>

1. 「【大都会NYを一人旅】タイムズスクエアでひとりぼっちは意外とつらい?!」田島知華(たじはる)さん

Photo credit: 田島知華(たじはる)「【大都会NYを一人旅】タイムズスクエアでひとりぼっちは意外とつらい?!」

大都会ニューヨークを一人旅。大都会のど真ん中を一人で歩くのは少しだけ、寂しいかも?
これぞ!タイムズスクエアな写真がたくさん載っているブログです。

2. 「NewYork貧乏旅行」Mie Satoさん

Photo credit: Mie Sato「NewYork貧乏旅行」

「あの場所にも行きたい」欲望が止まらないニューヨーク旅行。大丈夫です、予算内で楽しめます!
Mie Satoさんの旅行記を読んで、限られた予算内で旅行する術を習得してみてください。

3. 「世界一周の幕開けはニューヨークから!」Emi Takakiさん

Photo credit: Emi Takaki「世界一周の幕開けはニューヨークから!」

はじまりは、ニューヨークから。
207日間の世界一周旅行に出かけたEmi Takakiさんの記念すべきニューヨーク旅行記です。贅沢をすることだけが幸せではない! 低予算だって楽しめる。
エンパイアステートビルでみる宝石箱をひっくり返したかのようなきらめきは、一生忘れることのない思い出になるはずです。

おわりに

一度は訪れてみたい、ニューヨーク・タイムズスクエア。
さまざまなイベントが開催されるこの地で、大都会を感じてみては?
そして一生に一度はカウントダウンイベントを経験してみたいですね。

ライター:Yuko Mayumi
Photo by: Prayitno / Thank you for (9 millions +) views via flickr cc

関連旅行記

*Eri Iwasa「暮らすように旅するNY」
*Mariko「ハワイ経由でニューヨーク♪会社員卒業ひとり旅。」
*Hiroaki Takeuchi「ニューヨーク アートとエンターテインメントに触れる旅」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP