体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブルース・スプリングスティーン、ツアー初日公演でボウイに捧ぐ「Rebel Rebel」を熱演

エンタメ

ブルース・スプリングスティーンのアルバム発売35周年記念豪華盤『ザ・リバー・ボックス』に合わせた“The River Tour2016"が1月16日ピッツバーグでスタート。アンコールでは1月10日に急逝したデヴィッド・ボウイに捧げる「Rebel Rebel」を演奏した。

1月16日@ピッツバーグConsol Energy Center (okmusic UP's)

アンコールのためステージに出てきたスプリングスティーンは観客にこう語った。

「ちょっとの間、聞いてほしいんだ。俺たちの友人、デヴィッド・ボウイが亡くなった。ずっと昔、俺たちが1973年まだデビューしたての頃、『It’s Hard To Be A Saint In The City(都会で聖者になるのはたいへんさ)』と『Growin’ Up(成長するってこと)』を彼はカバーしてくれたんだ。フィラデルフィアのレコーディング・スタジオに招待してくれてね。(アズベリー・パークから)フィラデルフィアまでグレイハウンドバスに乗っていったよ。彼は俺たちの偉大なる支援者だった。彼のことを想って(この曲を)捧げるよ」

そう語った後に、デヴィッド・ボウイ『ダイアモンドの犬』に収録されている名曲「Rebel Rebel」を披露した。

デヴィッド・ボウイはブルースの「It’s Hard To Be A Saint In The City(都会で聖者になるのはたいへんさ)」と「Growin’ Up(成長するってこと)」を1973年の『ピンナップス』前後のセッションで録音し、同アルバムには収録されなかったが、後年ボーナス・トラックやボックスセットなどで発表した。まだスプリングスティーンが無名の頃に、これらの楽曲を取り上げたボウイは、さすが、先見の明があったということだ。

スプリングスティーンのこの日のコンサートは全34曲、3時間半にも渡り、オープニングは『ザ・リバー・ボックス』収録アルバム未発表曲「ミート・ミー・イン・ザ・シティ」で幕開け、2曲目から21曲目まで1980年発表の2枚組アルバム『ザ・リバー』収録曲を頭の「タイズ・ザット・バインド」から最後の「雨のハイウェイ」まで収録順通りに全曲演奏を行なった。

“The River Tour2016″ は2014年のHigh Hopes Tour以来2年振りのブルース・スプリングスティーン&Eストリート・バンドのツアーで、1月16日のピッツバーグを皮切りに、3月まで3ヶ月間、NYマジソン・スクエア・ガーデン、LAスポーツ・アリーナ公演を含む、北米・カナダ22都市24回の公演が現段階では予定されている。チケットはどの会場も発売後数分でソールドアウトとなり、今全米で最も入手困難なチケットとして話題を呼んでいる。また公演の模様は全公演録音され、その後Live.BruceSpringsteen.netにてダウンロードおよびCDでリリースされることも決定しているとのこと。

『ザ・リバー・ボックス』は2015年12月23日発売。1980年に発表した5作目のアルバム『ザ・リバー』のレコーディング・セッションでの膨大な未発表曲や当時の未発表ライヴ映像などを網羅したコレクションで、米ローリングストーン誌では「スプリングスティーン史上最高のアーカイブ・コレクション」、NPRでは「(ファンにとっての)聖杯」とも評されている。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会