ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「10人中9人が見えない画像」あなたは見える?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

この画像に何が写っているのか、分かるでしょうか?なんと、10人中9人が見えていないのだそう…。

どうでしょうか?ちょっと目がチカチカしますが、見えない…という人は、画像をもっとスクロールしてみるといいかも。

画像に
写っていたのは…

おそらく見えていた人も多いかもしれません。そう、写っていたのは「パンダ」です。しかし、どうやらそれだけでは「見えていた」とは言えないのだとか。この絵には、こんな意味が隠されていました。

画像右下に書かれた
あるメッセージとは?

「THEY CAN DISAPPEAR(絶滅する可能性アリ)」

このパンダのマークは、環境保護団体「WWF」のロゴとして知られています。「Come on England !」によると、画像は2010年にロシア人アーティストによってつくられたもの。SNSに投稿されたことで再び話題になりました。

制作した「Ilja Klemencov」は、年々パンダの個体数が減少していることをもっと多くの人に認識してほしいと考えていたそうです。つまり、10人中9人に知られていなかった事実、を意味していたのがこのイメージだったというワケ。

「WWF」に掲載された2015年の中国政府の発表によれば、絶滅危惧種に指定されている「ジャイアントパンダ」の推定個体数は1,864頭。うち、1,246頭が保護区域内で生息中。ここ十年ほどは増加傾向にあると認識されているようですが、たしかに知らなかった人も多いのかもしれません。動物や自然環境について、改めて考えさせられる画像でした。

画像のパンダがまだ見えない!という人は、WWFのホームページを確認してみてくださいね。

Licensed material used with permission by Klemencov
Reference:Come on England !

関連記事リンク(外部サイト)

【閲覧注意】ある議員が目撃した、犬の殺処分現場。
ネパール地震で全滅した「世界一美しい村」の復興を、映画で応援
どんなに貧乏でも、私が決して「ファストファッション」に手を出さない理由

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP