ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

聞き慣れない「シヴァギリ・ムット」とは?インド人に混ざって体験してみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

ヴァルカラには、インド人がちょうどこの時期に多く巡礼に来るというシヴァギリ・ムット(Sivagiri Mutt)という場所があるというので行って来ました。

ナーラーヤナ・グルという名前の聖者であり社会改革者でもある人が暮らし、死後眠る場所。

検索サイトで「シヴァギリ・ムット」と検索してもひとつも出てこないので日本人はほとんど行っていないのかもしれないけど、インド人たちで大混雑していました。

持っていたガイドブックではナーラーヤナ・グルについて「人類にはひとつのカースト、ひとつの宗教、ひとつの神」をスローガンに下層の人々を救った人と紹介されていました。だから人々の信仰があついのかもしれません。移動遊園地や出店が出ていてお祭り騒ぎ。

インド人に混ざってお参りしました。

いい経験になりました。

[寄稿者:マリ]
このブロガーの記事一覧をHUGLOG(ハグログ)でみる→http://huglog.jp/author/kaiganfu/

TABIZINE
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP