体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【使いこなせてる?】オフィスライフが快適になる、デスクチェアの便利機能

【使いこなせてる?】オフィスライフが快適になる、デスクチェアの便利機能 f:id:careerca:20151214003714j:plain

労働環境改善の一環として、昨今オシャレなオフィスが多く生まれています。中にはカフェのようなリラクゼーションスペースをもったオフィスがあったり、息抜きにダーツやビリヤードなどが置いてあるオフィスがあったりと、バリエーションもさまざまです。

そんなオフィス環境の、快適さを決める要因のひとつが「デスクチェア」ではないでしょうか。実際に作業をする際に座るチェアの快適性は、仕事の効率に影響を与えるといっても過言ではありません。

そんなデスクチェアも、近年では高機能化が進んでおり、座面の高さの調節だけでなく、座面の奥行、ひじの高さなどを簡単に変えることができ、自分に合った形に調節できるようになっています。しかしオフィスにあるデスクチェアの使い方を説明される機会というのはほとんどないため、多くの方がデスクチェアの機能を持て余してしまっているのではないでしょうか。

そこで今回は、オフィスにあるデスクチェアの多くが備えている機能と、代表的なデスクチェアをご紹介します。

デスクチェアが備える代表的な機能

リクライニングの固定

f:id:careerca:20151214003756j:plain

背もたれのリクライニング機能は、多くのデスクチェアが備えた機能です。リクライニング角、角度固定機能の有無、段階式かフリーロッキング(一定の範囲内で自由にリクライニングできること)かといった違いがチェアによって存在します。

リクライニングの強弱

f:id:careerca:20151214003811j:plain

ダイヤルを調節することで、リクライニングの強弱を調節することが機能を備えたチェアも存在します。リクライニングの強弱は、実は好みが分かれるところ。「このくらいの強さで寄りかかった時にリクライニングしてくれると最高」という強さを、ダイヤルをまわしながら見つけてみましょう。

座面位置の高さ調整

f:id:careerca:20151214003824j:plain

おそらくもっとも多くのデスクチェアが備えている機能です。デスクチェアの座面の高さは、快適に仕事ができるかどうかに大きく影響する部分です。最適な座面の高さの求め方は諸説ありますが、地面に足がつかないような高さや、腰の位置よりも膝の位置の方が高くなってしまうような高さは、あまりおすすめできません。デスクの高さとのバランスもありますが、足の裏がぴったりと地面につき、かつ腰から膝までが一直線になるくらいの高さを目安とするとよいでしょう。

座面の奥行調整

f:id:careerca:20151214003839j:plain
1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。