ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画「パディントン」ついに公開! 舞台挨拶に松坂桃李、斉藤由貴、三戸なつめが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大ヒット上映中の映画「パディントン」の舞台挨拶が日本公開初日の1月16日(土)に行われた。舞台挨拶には、パディントンと一緒に、今回の映画で吹き替えを務めた松坂桃李、斉藤由貴、三戸なつめの3名が登壇。それぞれパディントンに対する思いを語った。

“紳士すぎるクマ”主人公・パディントンの吹き替えを務めた松坂桃李は、当初は本当にクマの吹き替えが出来るのかと不安を抱いていたが、「映像を観てからは、パディントンが終始可愛くて、早く皆さんにもその可愛さを伝えたいなと思っていたので、今日を迎えられて嬉しいです。」とコメント。
そして、パディントンを温かく迎え入れてくれるブラウンさん一家の優しいお母さんを演じた斉藤由貴からは、「最初に映像を見た際に、ロンドンの街並みや、ブラウンさんのおうちが本当にステキで、美しくて。皆さんもあなどることなかれ!って感じです」と映画の見所を紹介してくれた。
また、ブラウンさん一家の長女ジュディを演じた吹き替え初挑戦の三戸なつめは、「小さい頃からパディントンが本当に大好きで、作品に携われたことは本当に光栄ですし、劇中、私が演じたジュディがパディントンと一緒にクマ語を話すシーンがあるのですが、まさかパディントンとクマ語を話す日がくるなんて!と嬉しかったです」とパディントン愛を炸裂!
 

トーク後半、パディントンから映画のヒット祈願と公開記念舞台挨拶のお祝いにプレゼントとして、“巨大クマ手”が贈られた3人。「本当にパディントン、すごく素敵です。またパディントンを取り巻く家族や周囲の人たちもみんな素敵で、家族の愛や絆が美しく、あたたかく描かれている作品です。どうやら続編も作られているみたいなので、皆さんも口コミを広めていただいて、ぜひ続編も日本公開が実現してもらいたいなって思います。パディントンにもまたぜひ会いたいので!」と続編への意欲も語りつつ、舞台挨拶を締めくくった。

そんな話題の映画「パディントン」、まだ観ていないという人は是非とも劇場に足を運んでみよう!

■映画「パディントン」
公開日:2016年1月15日(金)全国ロードショー
出演:ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス、ジュリー・ウォルターズ、ジム・ブロードベント、ニコール・キッドマン、ベン・ウィショー(声の出演)
監督:ポール・キング
製作:デヴィッド・ハイマン『ハリー・ポッター』シリーズ
原作:マイケル・ボンド

映画「パディントン」 オフィシャルウェブサイト
http://paddington-movie.jp

HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP