ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まるで雲の王国!日本で雲海が見れるおすすめスポット7選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

兵庫県にある竹田城の人気が急上昇して今や毎日たくさんの観光客が訪れています。しかし、竹田城のように美しい雲海が見れる場所は実は日本各地にあります。その中でもオススメの7スポットを紹介します。

*編集部追記(2016/01/18)
2015年に公開された記事に新たに3つを加えました。

 

日本で一番有名な雲海スポット富士山

photo by prius.way-nifty.com

八合目まで登れば見れると言われている富士山の雲海ですが、天候によっては五合目で見れることもあります。五合目までは車で誰でも行けるので、山登りが好きでない人でも楽しめますね。夕日の沈む雲海は絶景そのものです。

 

高確率で雲海が見れる渋峠

Photo via pixpot.net

群馬県から長野県に続く国道292号の一部は日本一標高の高い国道になっていて、渋峠と名がついています。以前は有料でしたが、無料で開放されてからは雲海を見るために来る人々が後を絶ちません。

標高が高いために走る際には路面凍結に注意しなければなりませんが、その条件がさらに雲海の発生率を高めています。

 

関西の隠れた雲海名所朽木小入谷

Photo via exblog.jp

関西で見れる雲海といえば滋賀県にある朽木小入谷。見ることができるシーズンは10月から11月の早朝になります。車で行くことができますが、明け方の暗い中、道もかなり悪いので見に行く際には動物などにも十分注意して走行してくださいね。

 

雲海観測の予測まである雲海テラス

Photo by Kentaro Ohno

北海道のリゾート施設「星野リゾート・トマム」には雲海テラスと呼ばれる、まさに雲海を見るための絶景スポットがあります。雲海ダイアルに電話をすれば、雲海が見れるかどうかの予測情報を教えてくれるサービスも。ゴンドラで上まであがっていくので、行くまでの道のりも楽しいです。

 

天空の城から見る竹田城跡の雲海

photo by bullets95

兵庫県にある竹田城跡は「日本のマチュピチュ」と言われています。9月下旬から12月上旬にかけてのよく晴れた早朝に雲海を見ることが出来ます。平成24年には「恋人の聖地」として認定を受けました。

また、竹田城の東南に位置する朝来山「立雲峡」からの眺めも有名です。まさに、雲の海に浮かぶ船のような竹田城を見ることが出来ます。朝の竹田城跡有名ですが、夜のライトアップされた城もお勧めです。

 

紅葉の名所大江山の雲海

タバサパパさん(@tabasa_papa)が投稿した写真 – 2015 12月 19 2:22午後 PST

 

大江山の雲海を見るのに絶好のスポットが、大江山の中ばにある大江山鬼嶽稲荷神社です。秋から冬にかかて美しい雲海を見る事が出来ます。

また、この一帯は紅葉スポットとしても有名なので雲海と紅葉一度に楽しめます。ビューポイントの広場は適度な広さがあり、屋根付きの建物、椅子、背後にはトイレも設置されているので、山の中といっても安心して過ごせます。

 

幻の天空の城「越前大野城」

photo by city.ono.fukui.jp/page/yuinokunisuisin/unkaiphoto.html

福井県大野市のシンボル城「越前大野城」は、標高249mの亀山山頂にあります。秋から春にかけて、前日に雨が降り、冷え込んだ朝に雲海をのぞむことができます。しかし、越前大野城の雲海は年10回程度と大変低確率なので幻の天空の城と呼ばれています。

 

絶景雲海が見れる日本のオススメスポットまとめ

寒さと標高がポイント。美しい雲海を見るためには温度が低いことと標高が高いことの二つがポイントになります。見れる時期も限られますので、近くで見れる雲海スポットをしっかりチェックしておきましょう。

 

「絶景手帳2016」は全6色から選べる絶景カラー!

Photo by PAS-POL

この絶景手帳の目を惹く配色は、世界の絶景をイメージした厳選カラーです。ウユニブルー、サントリーニピンク、コムローイホワイト、ランペドゥーザターコイズ、アゲダレッド、バルセロナブラウンの全6種がラインアップ。

訪れたい場所や好きな色に合わせて、あなただけの絶景をお楽しみください!全国のLOFTや東急ハンズ、各書店にて発売されておりますので、ぜひ店頭にてチェックしてみてください。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP