ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】外国人にリアルな日本食情報を!インバウンド事業のスタートアップ「Japan Gourmetpedia」に大接近!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本を訪れる外国人に、日本食のリアルな情報を伝えたい。「Japan Gourmetpedia(ジャパングルメペディア)」は、そんな願いから誕生した、レアなウェブマガジンだ。

テーマは、日本食の多様性をいかにして伝えるか。マナーや命名の由来など、食に潜むちょっとした小話を掲載することで、リアルな食情報を浸透させていくことにある。

コンテンツを手がけるのは、インバウンド事業を展開するスタートアップ企業、フレンバシー。近年急速に増加する外国人観光客をターゲットに、どのような展開を図っていくのか、代表取締役の播 太樹(はり たいき)氏に、詳しい話を聞いた。

・少しニッチな日本食情報にフォーカス

Q1:まずは、「Japan Gourmetpedia」リリースのきっかけから、お聞かせください。

(弊社では)昨年11月、訪日外国人向け日本食レストラン予約サイト「Tokyo Dinner Ticket」をオープンしました。

まだベータ版でこれからのサービスですが、徐々にユーザーが増える中で、料理の細かい内容について質問を受けるようになり、日本食への関心の高さを実感しています。そうした関心に応えるためにリリースしたのが、この「Japan Gourmetpedia」というメディアです。

Q2:「Japan Gourmetpedia」とは、どんなメディアなのでしょうか。

少しニッチな日本食の情報にフォーカスした、英語メディアです。

例えば、“焼き鳥”という料理を紹介するメディアは存在しますが、焼き鳥の部位(もも、ぼんじり等)までしっかりと情報を伝えるものは、ほとんどありません。

「Japan Gourmetpedia」では、部位ごとに記事を用意しています。さらに、“串揚げのソース二度づけ禁止”といったマナーや、“食事の最後を、ご飯などの炭水化物でしめる”といった食習慣まで、日本で楽しく食事をしてもらうための幅広い情報も、発信しています。

・“インバウンド×食”で世界中に日本のファンを増やしたい

Q3:編集にあたって最も苦労しているのは、どんなところでしょうか。

記事にするトピックを選ぶ点です。ニッチな情報を扱うところが、「Japan Gourmetpedia」の特徴ですが、誰も興味を持たない情報を記事にしても、価値がありません。

“外国人全員が知りたいわけではないが、興味を持っている人が確かに存在する”というテーマを選ぶよう、意識しています。

Q4:今後の展開について決まっていることがありましたら、教えてください。

弊社の目標は、“世界中に日本のファンを増やす”ことです。そのために、訪日外国人の旅の満足度を、最大化する事業を展開していきます。

直近では、「Japan Gourmetpedia」のコンテンツを強化して、日本食への興味を喚起し、「Tokyo Dinner Ticket」で、実際にその日本食を体験してもらうという流れを、作るつもりです。

“インバウンド×食”は、まだまだ未開拓の分野なので、一緒に市場を創ってくれる仲間も、募集しています!

“つくねって何?”“七味の魔法”など、日本人の私たちでさえそそられるような情報も、たくさん掲載されている本メディア。自国の食文化再発見にもつながるので、ぜひ一度のぞいてみてほしい。

Japan Gourmetpedia

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP