ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「新テニスの王子様」原作者 許斐 剛氏が初ワンマンでテニプリキャラたちと共演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「新テニスの王子様」の原作者“ハッピーメディアクリエイター時々漫画家”である許斐 剛氏が1月16日に豊洲PITにて初となるワンマンライブ「許斐 剛☆サプライズ LIVE〜一人テニプリフェスタ〜」(2公演)を開催した。

今回、1人テニプリフェスタということでありながらも、ゲストキャラクターに跡部景吾&moreと記載され、一体どのような登場をするのか、期待に胸膨らむ中、ライブが開演。やや緊張した面持ちの中、許斐氏が登場。そのまま「一人テニプリフェスタ〜ハッピーメディアクリエイター許斐 剛〜」「テニプリを支えてくれてありがとう」を歌い終えるとその瞬間が訪れた。

「実はこのライブには沢山のテニプリキャラクターたちが遊びに来てくれてます。折角なので今日は彼等とコラボしたいなぁと思います。まずトップバッターは金ちゃん」その紹介と共にステージ後方のスクリーンには、あたかも存在するかのごとくテニプリのキャラクターである遠山金太郎が立っていた。

今回のライブは最新鋭の技術を駆使し、ステージのスクリーン上に3DCGとしてテニプリのキャラクターが登場し、そのまま許斐氏と共演するという大きなサプライズの元、遠山金太郎に続き、不二周助、幸村精市、白石蔵ノ介、丸井ブン太、手塚国光、跡部景吾などテニプリではおなじみのキャラクターたちがスクリーン上に登場し、許斐氏のライブに華を添えた。

ライブ終盤ではミュージカル「テニスの王子様」で6〜7代目の越前リョーマを演じた、小越勇輝がゲストとして登場し、「フェスティバルは突然に」を許斐氏と共演。さらに終盤ではアニメ「テニスの王子様」シリーズ、越前リョーマ役の声優、皆川純子が登場。“普段はライブで呼び込む立場なのに、今回は逆に呼び込まれて新鮮”と言いつつ、「青学(せいがく)テニス部に捧げるヤッホー」を許斐氏と共に歌唱した。

本編終了後、大きなアンコールと共に再度ステージに登場した許斐氏は「アンコールありがとうございます。漫画家はなかなかアンコール掛からないからね」と言いつつ、最も尊敬する音楽家と紹介しゲストのササキオサム(ex SCRIPT)を呼びこみ、2004年に劇場公開された映画の主題歌「青春グローリー」を熱唱した。

また約3年振りとなる「テニプリフェスタ 2016」日本武道館にて秋開催というサプライズ発表を行い、ファンの大歓声を浴びながらライブは閉幕した。

多彩なゲストやアニメのキャラクターが3DCGで登場といっただけでも大きな話題にも関わらず、ハッピーメディアクリエイター時々漫画家としてこれだけの規模でライブを開催し、しかも完売させ、ライブグッズ用に缶バッジ200キャラクターを描き下ろし、ライブTシャツも15種類描き下ろすなど通常のライブでは考えられない、漫画家としての前代未聞の側面を見せつけていた。

関連リンク

FEEL MEEオフィシャルサイトhttp://www.feelmee.jp
テニプリアトラクションサイトhttp://tennipri.feelmee.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP