ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MACO、1000本の生花を使用した新曲「恋心」MVを公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

MACOが2月3日(水)にリリースする新曲「恋心」のMVが完成した。

「恋心」は“君に会うたびに、初めての恋心”という切ない気持ちを歌ったラブソング。バレンタインデイも近く、みんなの告白応援ソングになる事は必至だろう。

そんな「恋心」を、色付いてゆく花、芽生えるこの想い、といった表現で歌詞をつづっていることから、ジャケット写真と同じく花をビジュアルのテーマとすることが決まった。フラワー・コーディネーションには、カネボウ化粧品「エビータ」のCMや映画『アメイジング・スパイダーマン』のパーティーのフラワー・アレンジメントを担当したこともあるフラワーアーティストの和田浩一を抜擢。

今回セレクトした花の基準について和田は「MACOさんのガーリーなイメージも汲み取りつつ、女の子の揺れ動くような気持ちを花の色合いで表現してみました。」と語る。用意した花の数はなんと1000本! ガーベラ、スイートピー、カーネイション、アルストロメリア、マムの5種類、色は12色も用意された。これを受けてMACOは「花が大好きなので、1000本のお花を前にウットリしてしまいました。生花なので香りもするんですよ!」と嬉しそうにコメントした。

またシングル「恋心」のカップリング曲および特典DVDの内容も明らかとなったので、そちらも是非チェックしてほしい。

■歌ネット「恋心」歌詞掲載ページ
http://www.uta-net.com/song/200598/

「恋心」MV
https://youtu.be/8vGwlTQZ5_o

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP