ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『アナと雪の女王』のオラフ、TVアニメ『ちいさなプリンセス ソフィア』に出演へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米ディズニーの大ヒット映画『アナと雪の女王』に登場した楽観的な雪だるまのオラフが、TVアニメシリーズ『ちいさなプリンセス ソフィア』を訪問する。観客の中で、2013年の興奮をいきいきと保つための新たな試みの一端だ。

ディズニー・チャンネルとディズニー・ジュニアで2月15日(現地時間)に放送を予定され、ディズニー・ジュニア・モバイル・アプリを通じては早くも2月8日に視聴可能となる『ちいさなプリンセス ソフィア』のエピソードに、俳優ジョシュ・ギャッドが声を演じる同キャラクターが登場する。出演回は2話目で、タイトルは『The Secret Library: Olaf and the Tale of Miss Nettle(原題)』。4つのパートに分かれた物語となる。

ミーガン・ムラリーが、今年早々にエミー賞にノミネートを果たしたミス・ネトル役の声優として再び帰ってくる。エリック・ストーンストリートとヒュー・ボネヴィルが、ソフィアの空飛ぶ馬のミニマスとナレーターとしてそれぞれ出演する。

2月2日(現地時間)には、米ディズニー・パブリッシング・ワールドワイドが同エピソードを基にしたイラスト入りの物語集と電子書籍を発表する。

米ディズニーの映画『アナと雪の女王』は、米東部時間の2月14日午後7時にディズニー・チャンネルで初放送される予定だ。

ハンス・クリスチャン・アンデルセンの物語『雪の女王』から着想を得たこの2013年のアニメの最高傑作に、いま多く注目を引き付ける理由がディズニーにはある。同社は昨年の3月に続編をプロデュースする意志を明らかにした。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP