ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

木の枝をクリエイターが自宅に持ち帰る→ステキな「本棚」に大変身

DATE:
  • ガジェット通信を≫

チリ人クリエイター、Sebastian Errazuriz氏が生み出した本棚「Bilbao」。コレがなんと、彼が道で拾った枝木で作られているというのだから驚きです!

「ゴミ同然」の枝木に
もう一度、“命”を吹き込む。

美しいフォルムの枝木は、チリの首都・サンティアゴを散歩中に偶然見つけたもの。「Bilbao」は、歩いていた通りの名前にちなんで名付けられたのだそうです。

枝を途中でカットし、本を置くためのガラス板を設置。

黒漆を用いて、滑らかな光沢感のあるブラックに仕上げています。

少し離れてみると、ガラス板の上に並べた本が「枝」のように見えませんか?

ニューヨークをベースに活動している彼のモノ作りには、常に見る者をあっと言わせるユニークさが備わっているのだとか。

道に落ちている、いわば「ゴミ同然」の枝木。そこに“新たな命”を吹き込むなんて、クリエイターのなせる業としか言いようがありません!

Licensed material used with permission by Sebastian Errazuriz,(Facebook),(Instagram),(Twitter)

関連記事リンク(外部サイト)

日常をもっと豊かにする。ヒヤシンスの「水栽培」での育て方
お洒落な部屋を演出する。クロッカスの水耕栽培での育て方
良い一年にするために覚えておきたい「88のリスト」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP