ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

借金してまでギャンブルする夫は諦めて離婚しろと専門家

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夫に対してけんか腰になっていないだろうか。夫の収入は家計の要。イライラする前に、「自分に返ってくる」と言い聞かせ、ねぎらいの言葉をかけてみてはどうだろうか。

 例えば、毎日飲み歩いている夫に、「また? もったいないから減らしてよ」と言うか、「体壊さない程度にどんどん行ってらっしゃい」と言うかではまったく印象が違う。

 また、休日家でゴロゴロしている夫に、「どこか連れて行ってよ」と言うのではなく、「休みぐらいゆっくりして」と配慮の言葉を投げかけられると夫婦のコミュニケーションはうまくいくだろう。

“もっと○○してよ”というような自分の要求を命令する口グセは、夫のやる気を削ぎ、お金を遠ざけてしまうのだ。

 夫婦・離婚問題相談室『オフィスベル』代表の鈴木あけみさんは、「お金に好かれる家庭は、妻が寛容で励まし上手。彼女たちは“お金をいただいている”と自分に言い聞かせ、夫には“ありがとう”“お疲れさま”“あなたのおかげ”と声をかけている人が多いんです。また、夫が休日に寝ていても、仕事で疲れているのだろうとその状況を受け入れ、夫を肯定する言葉をかけられる人が多いですね」と言う。

 最初は無理して言っていても、続けていれば自然と夫をねぎらう気持ちが湧いてくる。すると、夫も改心して妻をねぎらい、仕事も意欲を持ってやり遂げ、収入も安定するようになるのだとか。

「お金は感謝の気持ちのあるところに流れるものです。夫婦といえども所詮は他人。求めるばかりでは愛もお金も失います」(鈴木さん)

 とはいえ、ギャンブル夫やぐうたら夫などには、どう対処したらいいのだろうか?

「運動が趣味の人と同様、夫にとってパチンコや競馬などのギャンブルは、ストレス解消の楽しみなので、あまりキリキリせずに寛容にすべきです。ただし、借金してまでギャンブルをするような場合は、いくらほめてもすぐには変わらないと思うので、この際、諦めて離婚すべき。自分で稼いだほうが前向きになれ、お金持ちになれるかもしれません」(鈴木さん)

 ほめるべきか自力で行くか、いずれにせよ、人生、甘くはないですね~。

※女性セブン2016年1月28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
故・金子哲雄氏が中学生対象にお金の意味等について語った本
マツコ・デラックス 老後に備え浪費せず貯蓄、食事はTV局弁当
金持ちの家へよく行くヒーラー とある「木」が存在すると指摘

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP