ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

目立ってナンボ!原宿キッズも興味津々の超カラフル“ヘアダイ”とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ファッションで自己表現をする…そんなことが当たり前になった現代。

例えば、原宿の街を歩くと、服装だけでなくヘアスタイルにも奇抜な個性が溢れていると気づきます。

MANIC PANICさん(@manicpanicnyc)が投稿した写真 – 2016 1月 6 8:54午前 PST

金髪だけでなく、赤や青、紫にピンク、また1色だけでなくさまざまな色をミックスしたヘアカラーともう何でもあり。

さらに、最近は暗闇で光る“蛍光ヘアダイ”が海外からじわじわと注目を集めています。

MANIC PANICさん(@manicpanicnyc)が投稿した写真 – 2015 12月 11 8:37午前 PST

Manic Panicは、1977年にTish & Sooky姉妹がNYにオープンしたヘアダイ専門のショップ。

これまで様々なヘアダイを提供していますが、今のイチオシがその“蛍光ヘアダイ”だそう。

体験者の実例がこちら。

好き嫌いの好みはありますが、思ったよりも発色はキレイです。

Megan McKayさん(@rainbowmegz)が投稿した写真 – 2016 1月 1 11:24午後 PST

見るからにボルテージの高そうなカラフルな色みが揃っていますが、この“蛍光ヘアダイ”含め、Manic Panicが扱うヘアダイにはビーガンの成分が含まれている他、動物実験は行っていないそう。

MANIC PANICさん(@manicpanicnyc)が投稿した写真 – 2015 12月 14 9:47午前 PST

ヘアダイ自体には、“エレクトリック・バナナ”や、“バッドボーイ・ブルー”“誘惑の言葉”、といったように、ユニークな名前が付けられているものもあります。

MANIC PANICさん(@manicpanicnyc)が投稿した写真 – 2015 10月 12 8:50午前 PDT

MANIC PANICさん(@manicpanicnyc)が投稿した写真 – 2014 11月 12 4:29午後 PST

こんなヘアダイに果敢に挑戦すれば、パーティや何かの科学捜査(!?)で目立つこと間違いなし。

いつもと違う自分に出会いたい、なんて思ったら、こんなふうに大胆イメチェンしてみるのもあり?かもしれません。

Manic Panic
https://www.manicpanic.com/high-voltage-cream-formula-hair-color

Instagram
https://www.instagram.com/manicpanicnyc/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP