ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冬といえばいちご狩り!竹田&宇佐で冬の大分観光ドライブ2コース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

冬と言えば何と言ってもいちご狩り。特に竹田エリアのいちごは甘さが際立つ湧き水いちご、一旦食べたらクセになります。それに対して宇佐エリアのいちご園は出荷栽培面積日本一。

いちごを食べたあとは、この時期ならではのお参りや温泉にも立ち寄ってみましょう。そんな魅惑的なエリアを効率的にまわるドライブコースを2つご紹介!

甘さが際立つ湧水いちご×甘~い恋愛成就をお祈りコース

いちごハウス

↓ 車で35分

穴森神社

↓ 車で20分

こっとん

↓ 車で10分

月のしずく

1、水の国のわくわく農園 いちごハウス

大分の湧水で育ったいちごたち

高設栽培だから大人も子どもも摘むのが楽ちん

朝摘みいちごを贅沢に使ったケーキ(370円)で、午後のティータイムを

道の駅には久住エリアの新鮮野菜や物産が豊富に揃う

「水の国のわくわく農園いちごハウス」で使っている肥料はさとうきびのしぼりかすなどを配合した独自のもので、栽培されているいちごは甘さが際立っています。湧水が豊富なエリアなので、水もミネラルが豊富です。

またこのいちごハウスには道の駅も併設しており、久住エリアでとれる新鮮な野菜や物産も購入できます。

いちご狩りDATA

期間/開催中~5月中旬

定休日/不定、12/31、1/1

営業時間/10時~16時 ※いちごがなくなり次第終了

料金/食べ放題 12月・1月:中学生以上1500円、小学生1000円、3歳~小学生未満800円、2歳以下無料 2月・3月:中学生以上1400円、4月・5月:中学生以上1300円 ※他料金は変更なし

制限時間/40分

持ち帰り/200円~150円(100g)※時期変動あり

予約/事前要問合せ

品種/さがほのか、紅ほっぺ、ゆふおとめ 水の国のわくわく農園 いちごハウス

TEL/0974-66-3003

住所/大分県竹田市大字米納1152

アクセス/大分道大分ICよりR442経由で1時間

駐車場/70台

2、穴森神社

恋愛成就をお願いしたい観光スポット

拝殿の裏に岩窟があり、そこが本殿となる

いちごを堪能した後は、車でドライブすること35分、竹田エリアのパワースポットにたどり着きます。平家物語に登場する穴森神社の社殿と洞窟。

ご神体は大ヘビが棲んでいたと言われる岩窟で、その洞窟内にある小石を一つ持ち帰ると子宝や恋愛運に恵まれると伝えられています。もし願いがかなったら、小石はそっと元の場所へ戻しましょう。 穴森神社

神の里交流センター緒環(おだまき)

TEL/0974-67-2288

住所/大分県竹田市神原1432穴森神社

営業時間/終日開放

アクセス/大分道大分ICよりR57経由で1時間20分

駐車場/3台

3、こっとん

大分で一風堂プロデュースのラーメンが食べられる

竹田の中華そば「こっとん」では、あの「一風堂」がプロデュースしたというラーメンを食べられます。隣接する河字田湧水と地粉で作る麺、鶏ガラと豚骨を湧水で炊いたスープで仕上げる中華そばは絶品。

醤油のキリリとした味が際立ち、後味もさっぱりしています。ラーメンの味は水が重要だと分かる自慢の一品を是非ご賞味下さい。 こっとん

TEL/0974-62-4910

住所/大分県竹田市入田字石原19

営業時間/平日11時~15時、土日祝11時~17時

定休日/水、12/30~1/2

料金/中華そば630円

アクセス/大分道大分ICより1時間

駐車場/15台

4、月のしずく

大分で楽しめる多彩なお風呂

岡城天然温泉の「月のしずく」は健康重視の多彩なお風呂を備えています。源泉100%かけ流しのジェットバスや、電気風呂などお風呂の種類もバラエティ豊か。特に試していただきたいのは長さ11メートル、深さ120センチの歩行浴槽です。

この中を歩くと血行促進に効果大と言われています。2015年7月にリニューアルしたばかりなので、気持ちよく入れます。 月のしずく

TEL/0974-64-1010

住所/大分県竹田市飛田川3435-20

営業時間/10時~22時(火のみ17時~)

定休日/12/31~1/2

入浴料/中学生以上350円、小学生200円、小学生未満無料、家族風呂1室60分2000円

アクセス/大分道大分ICよりR442経由で1時間

駐車場/30台

エンタメいちご農園×御神木パワー注入コース

アクトいちごファーム

↓ 車で5分

宇佐神宮

↓ 車で10分

来々軒

↓ 車で5分

はちまんの郷宇佐

1、アクトいちごファーム

大分が誇る、ハイテクいちご園

今年は新しく「やよい姫」が登場。全6品種を食べ尽くそう

可愛いうさぎや柴犬、あひるがスタンバイ

酸味が少なく甘い「章姫」

この「アクトいちごファーム」のいちご出荷栽培面積はなんと西日本一。また環境や安全管理を行う「JGAP」を大分ではじめて導入し、温度や湿度管理はITで行うというハイテクっぷりです。

うさぎや柴犬、あひるたちもお出迎えしてくれて癒やされます。いちご狩りは時間無制限なので、今年登場した「やよい姫」を含めて全6品種のいちごを食べつくしましょう!

いちご狩りDATA

期間/1/17(日)~5/29(日) ※5/9からは土日のみオープン

定休日/なし

時間/10時~16時、日祝は9時~ ※5/9からの土日は10時~16時

食べ放題

料金/1/17~4/10:中学生以上1600円、小学生1200円、3歳~小学生未満800円、2歳以下無料、障がい者・70歳以上800円

◎4/11~5/8:中学生以上1300円、小学生1000円、3歳~小学生未満600円、障がい者・70歳以上700円

◎5/14~:中学生以上1000円、3歳~小学生、障がい者・70歳以上500円

制限時間/なし

持ち帰り/150円(100g)※少ない時はなし

予約/不要 ※20名以上の場合は要予約

品種/紅ほっぺ、さがほのか、ゆふおとめ、やよい姫、かおり野、章姫 アクトいちごファーム

TEL/0978-38-5701

住所/大分県宇佐市蜷木(になぎ)2215-51

アクセス/東九州道宇佐ICよりR10経由で15分

駐車場/50台

「アクトいちごファーム」の詳細はこちら

2、宇佐神宮

全国八幡社の総本宮は大分にある

本殿は国宝に指定。朱色で神々しい

恋おみくじ付きの縁結びお守り各700円

全国に4万社ある八幡社の総本宮である宇佐神宮。日本三大八幡の一つであり、是非訪れておきたいパワースポットです。広大な境内は、上宮から下宮へと参拝するのが習わし。

途中「夫婦石」と呼ばれる石があり、夫婦で手をつなぎ一緒に踏むと幸せになれるという言い伝えがあります。最後は朱色に神々しく輝く本殿に向かいましょう。 宇佐神宮

TEL/0978-37-0001

住所/大分県宇佐市南宇佐2859

営業時間/1月は終日開門※季節変動あり

アクセス/東九州道宇佐ICより10分

駐車場/400台(有料)

「宇佐神宮」の詳細はこちら

3、来々軒

大分・宇佐からあげ発祥の地

宇佐からあげ発祥の地といわれる来々軒のからあげは、さすがの味わい。丁寧に下ごしらえした鶏肉を自家製タレに1日しっかりと漬け込み、大豆白絞油で揚げた一品は、他ではお目にかかれません。

肉とタレ、食感、ジューシーさとすべてがバランスよく調和したからあげは、近くを訪れた時には是非味わってみましょう。からあげ定食は800円です。 来々軒

TEL/0978-32-0556

住所/大分県宇佐市四日市72

営業時間/11時30分~15時(LO14時30分)、18時~21時(LO20時30分)

定休日/火※年末年始要確認

料金/からあげ定食800円

アクセス/東九州道宇佐ICよりR10経由で10分

駐車場/5台

4、はちまんの郷宇佐

はしごできる大分の温泉

八幡の郷宇佐には、男女別の大浴場には内湯、サウナ、泡風呂、打たせ湯、寝湯などは8種類の浴槽があり、温泉をはしごして楽しめます。お湯は炭酸水素塩泉。ゆっくり浸かって旅の疲れを癒やしましょう。

入浴料は平日は中学生以上550円、土日祝日は650円。小学生は350円、小学生未満は無料です。是非家族で宇佐のお湯に癒やされましょう。 はちまんの郷宇佐

TEL/0978-37-2288

住所/大分県宇佐市川部1571-1

営業時間/12時~21時(最終受付20時)

定休日/2/16、17

入浴料/平日中学生以上550円、土日祝650円、小学生350円、小学生未満無料

アクセス/東九州道宇佐ICよりR10経由で10分

駐車場/220台

「はちまんの郷宇佐」の詳細はこちら

まとめ

いちご狩りとパワースポット、そして温泉とご当地グルメ、すべてが楽しめる欲張りコースを2つご紹介しました。友達と、家族と、この時期ならではの大分の魅力を存分に満喫してください。

※この記事は2016年1月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

ノスタルジックな加賀温泉郷で、恋人としっぽり楽しみませんか?
【東海居住者が選ぶ人気温泉地10位】絶景!伊勢エビ!海沿いの温泉・志摩の温泉へ!
九州の穴場温泉ランク2位!海沿い絶景ロードも楽しめる♪「北郷温泉」と日南ドライブ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP