ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大河ドラマ「真田丸」の舞台へ行こう!上田城に注目!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年のNHK大河ドラマは「真田丸」、主人公である真田幸村は歴史好きにも人気のある武将。舞台となる長野県上田はかつてない盛り上がりを見せており、是非今年訪れたいスポットの一つです。

ここでかつて繰り広げられた歴史の一コマに思いを馳せながら、ご当地グルメや温泉を堪能する旅に出かけてみてはいかがでしょうか。

1、上田城

「真田丸」の舞台、上田合戦の舞台となった真田家の居城


ここが見どころ!

東虎口櫓門で記念撮影!

本丸の東虎口(出入り口)に立てられた門。

記念撮影スポットとしてイチオシなのがココ。

信州上田おもてなし武将隊が現れ、気軽に写真撮影にも応じてくれる。

眞田神社と真田井戸

本丸跡には、現在眞田神社が建てられ、その裏手には井戸が残っている。

この井戸には抜け穴があり、城北の砦や上田藩主の居住地に通じていたとも言われている。

上田城は真田昌幸により1583年に築城された平城で、二度に渡る徳川家の攻撃を退けた「上田合戦」の舞台になった名城です。現在は上田城跡公園として、本丸跡のほか、城内に残された土塁や石垣などで歴史のロマンを感じることが出来ます。

見どころは多くありますが、本丸の東虎口に建てられた門は記念撮影のイチオシスポット。信州上田おもてなし武将隊が気軽に記念撮影に応じてくれます。 上田城

TEL/0268-23-5408

住所/長野県上田市二の丸

電車/各線上田駅より徒歩12分

車/上信越上田菅平ICより15分

「上田城」の詳細はこちら

2、真田氏歴史館

歴史を学ぶことでドラマもより一層楽しめるかも!

甲冑や古文書など、真田家に関する貴重な資料がいっぱい!

上田城で歴史のロマンを感じたら、真田氏歴史館に足を運び、もっと深く真田家について知りましょう。ここには真田一族に関する資料が展示されてあり、武具や甲冑、古文書など真田三代に渡る貴重な展示物が紹介されています。

歴史マニアはもちろんのこと、これをきっかけに歴史に興味を持った方々も楽しめる資料館です。隣接する真田氏館跡は地元では「お屋敷」と呼ばれ親しまれ、春にはツツジの名所としても知られます。 真田氏歴史館

TEL/0268-72-4344

住所/長野県上田市真田町本原2984-1

営業時間/9時~16時

定休日/火(祝日の場合翌日)

入館料/200円

「真田氏歴史館」の詳細はこちら

3、真田氏本城跡

真田氏の息吹を感じよう

真田の歴史に思いをはせながら上田盆地を見下ろす

ここは上田盆地を見下ろせる景勝地として有名なだけでなく、その地の利ゆえに真田氏が築城した技術を学べる場所でもあります。城跡には土塁や郭が今も残っています。

大河ドラマで見た光景とシンクロさせながら歩いてみるとさらに楽しみも倍増するはず♪ 真田氏本城跡

TEL/0268-72-2204(真田地域自治センター)

住所/長野県真田町長5029-3

「真田氏本城跡」の詳細はこちら

4、やきとり番長 上田駅ナカ店

上田のご当地グルメを堪能★

美味だれと書いて「おいだれ」読みます

上田流の焼き鳥はちょっと特徴的、「美味だれ」(おいだれ)と呼ばれるすりおろしニンニクが入った醤油ベースのタレを焼き鳥にかけて食べるのです。上田駅の構内にあるやきとり番長は立ち飲みスタイルで、信州の地酒も一緒に楽しめます。

地元の人たちとの会話して、真田丸の話題で盛り上がってみてはいかがでしょうか? やきとり番長 上田駅ナカ店

TEL/0268-26-1881

住所/長野県上田市天神1-1-1

営業時間/平日17時~22時30分、土12時~22時30分、日祝日12時~21時(LOは30分前)

定休日/不定

5、真田隠しの湯「石湯」

上田観光のあとは温泉で疲れを癒しましょう♪

真田一族も英気を養ったという温泉で旅の疲れを癒して

上田で真田丸の世界に浸ったなら、真田一族が英気を養ったという温泉で是非旅の疲れを癒やしましょう。小説「真田太平記」にも登場し、真田一族がこのお湯で傷を癒やしたと言われています。

湯名を記した標石は池波正太郎の筆によるもの、ここで記念撮影をするのも良いでしょう。朝は6時から営業しており、150円で温泉に入れるというのも嬉しいところです。 真田隠しの湯「石湯」

TEL/0268-38-3510(別所温泉観光協会)

住所/長野県上田市別所温泉164-1

営業時間/6時~22時

定休日/第2・4火

入湯料/150円

「真田隠しの湯「石湯」」の詳細はこちら

6、大塩温泉

「信玄の隠し湯」のひとつ

武田信玄の隠し湯と言われている大塩温泉

この大塩温泉は、かつて1500年代に武田信玄の家臣の1人であった大塩氏によって発見されたと伝えられていることからこの名前が付いています。武田信玄の隠し湯として知られ、地元の人からも愛されているお湯です。

大塩公民館の1階に併設されている共同浴場ですから、気軽に立ち寄れます。入浴料は200円でOK! 大塩温泉

TEL/0268-42-1048(丸子地域自治センター)

住所/長野県上田市西内150

営業時間/14時~21時

定休日/毎月15、30日

入湯料/200円

「大塩温泉」の詳細はこちら

まとめ

真田丸ファンも、そうでない方も、歴史情緒、良いお湯と美味しいグルメの三拍子が揃っている上田に是非出かけてみてはいかがでしょうか?

※この記事は2016年1月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

【東海居住者が選ぶ人気温泉地10位】絶景!伊勢エビ!海沿いの温泉・志摩の温泉へ!
【東海居住者が選ぶ人気温泉地9位】地元の人との交流が楽しい!野沢温泉【長野】
【東海居住者が選ぶ人気温泉地8位】名古屋からバスで1時間!美肌の湯・昼神温泉【長野】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP