ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

失敗しないファッション通販テク5

DATE:
  • ガジェット通信を≫

初売りに始まり、年明けにセールを開始したお店も多く、ついつい購買意欲が増してしまうこのごろ。いつでもどこでも買い物できる、インターネットショッピングでも、セールが始まったところが多いです。

しかし、ファッションアイテムの通販は、写真を見て気に入り購入したものの、実物がイメージと違って着られないことも…。セール品は返品できないことが多く、いつもより注意したいもの。通販で失敗しないためには、どこに気をつけたらいいの? 

「同じアイテムでも、商品情報はサイトによって異なります。説明が詳しく書かれているサービスを選ぶと、失敗が少なくなります」と教えてくれたのは、All Aboutでレディースファッションのガイドを務める遠藤友香さん。

「詳細な商品の説明に加え、あらゆる角度から撮影した商品の写真が掲載されていると、よりたくさんの情報が得られます。また、モデルではなくショップスタッフなどの一般の人が着用している写真を参考にすると、自分が着用したときのイメージが湧きやすくなりますよ」

イメージ違いの失敗もあるけど、通販で洋服を選ぶときに、特に迷うのがサイズ。自分にぴったりの商品をゲットするには、どこをチェックしたらいいのでしょうか?

「S、M、Lというサイズ表示が同じでも、ブランドによって大きさは異なるので注意が必要です」と遠藤さん。「肩幅○センチ」などの実測で記載されているサイズを参考にしつつ、商品レビューをしっかりチェックするのが、失敗をなくすコツなのだそう。

「ユーザーが自身の身長や体重、体型などを記入したレビューが増えています。そのうえで、『Mを購入したが、着てみたら思ったより小さかった』などの具体的な感想が書かれていることもあるので、自分の体型に近いレビューを参考にすると自分が着た際のサイズ感がイメージしやすくなります」

見落としてしまいがちなレビューだけど、意外にも情報の宝庫らしい! 写真と実物の色に差異があるかどうかも、レビューにコメントがあることが多いそう。色物を買うときは要チェックです。

「親切な通販だと『この写真が一番実物の色に近いです』と表記がある場合も。基本的には、屋外よりも屋内で撮影した写真のほうが、実物に近い色みや質感が出ていることが多いです」

遠藤さんによると、特に写真と実物で差異が出やすい色はピンクなどのパステルカラーとのこと。逆に白、黒、茶などの定番カラーは違いが出にくいため、通販で買うときはおすすめなんだとか。とはいえ、初めてのサイトで商品を購入するときはちょっと心配…。

「初挑戦のブランドのアイテムなら、太ももやヒップなどのフィット感がイメージしにくいボトムスと比べ、サイズをきちんと確認しておけば失敗しにくいトップスを買ってみるのがおすすめです。そのブランドのサイズ感が自分にあっているかの確認ができるので、その後ボトムスなどを買うときの参考になります。また、生地や縫製のレベルを見ておくのにもよいでしょう」

品物を実際に手にとれないため、サイズやカラーなどの情報収集が大切な通販。購入者の本音の評価を参考に、失敗しないショッピングを楽しみたいですね。
(河島まりあ)

<プロフィール紹介文>
遠藤友香さん
All About「レディースファッション」ガイド
ファッションディレクター。ミラノにてファッションスタイリング修士課程修了。スタイリングから、リアルクローズの提案、注目ニュース、そしてお手入れ方法まで、幅広いファッション領域に定評がある。
(R25編集部)

失敗しないファッション通販テク5はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

アマゾンが偽レビュアーを提訴
ついやっちゃう男のムダ遣い1位は
夫が選ぶ!理不尽な妻の行動TOP10
アマゾンの神セール 大人買い続出
女子ウケの悪い勘違いファッション

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP