ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

3ヵ月の赤ちゃんの耳から異臭?!受診を渋る夫、でも母の勘で小児耳鼻科へ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫
3ヵ月の赤ちゃんの耳から異臭?!受診を渋る夫、でも母の勘で小児耳鼻科へ! f:id:akasuguope01:20151214053453j:plain

産後に沐浴指導があるのですが、首が座っていない赤ちゃんを湯船に入れて頭部や顔を洗うのは大変です。

慣れている助産師さんはテキパキと手際よく済ませてしまうのですが、新人ママは手をプルプルと震わせながら頭をささえ、耳を押さえて沐浴をさせます。

退院して自宅のベビーバスで沐浴させるのも緊張の連続でした。

うっかり耳が湯船につかりっぱなしになり

「お耳に水が入ったらどうしよう!」

と神経質になっていました。

赤ちゃんの耳はとても小さくて、新陳代謝も激しいので耳垢が溜まりやすいのです

三ヶ月くらいになった頃、耳から大きくはみ出した垢が気になっていました。

ピンセットで取るのも怖いし、耳鼻科につれていきたいなと悩んで旦那に相談すると

「耳鼻科なんて病気の人が集まるところに赤子を連れて行くな」

でした。

数日たつと、赤ちゃんの頭部が臭いのです。

「なんだこの臭いは・・」

と気になっていたのですが、赤ちゃんは独特の匂いを放つので、あまり深く考えていませんでした。

翌日になると、明らかに耳から腐敗臭がしてきたので、

「これはおかしい。耳鼻科にいきたい」

と旦那に同意を得ようと必死に訴えました。

しかし、

「こんな赤ちゃんを見てくれる耳鼻科なんてあるの?」

とか言っているのです。

「当然あるに決まっているじゃない!」

と呆れながら検索して、小児も診てくれる耳鼻科に向かいました。

小児耳鼻科には赤ちゃんの小さい耳でも治療できるような小さな器具があって、あっという間に垢もとってくれるのです。

お薬も弱めのものや、下痢をしやすい場合に乳酸菌なども混ぜたり、とても配慮があります。

診断の結果は中耳炎。しかも鼓膜から膿が出ている状態で

「これは痛かったはずだよ。よく我慢してたね」

との一言に自己嫌悪。

やや亭主関白な旦那に従う毎日で、これでは我が子を守れないという危機感が生まれました。

「母親の勘を信じれば良かった・・・」

とつぶやくと、いつものごとくブツブツと言い訳をはじめました。

抗生物質の他に点耳薬も処方されました。

耳に数滴薬をたらすと

「なんだー!耳になにをしたー!」

と違和感があるのか、息子がジタバタ。

結局この中耳炎騒動をきっかけに、母の立場が急上昇。

病気が心配になった場合には父親の判断が30%くらいに下落しました。

現在息子は、父親に体質が似ているせいか、風邪をひくと中耳炎になりやすくなっています。

赤ちゃんの頃は泣いてうったえるしか出来なかった息子も「耳が痛い」と言えるように成長しました。

f:id:akasuguope02:20160113170848j:plain

著者:ひまわり花子

年齢:38歳

子どもの年齢:3歳

結婚してから3年目に妊娠。高齢出産を乗り越え、育児に奮闘中。体力の衰えと反するように元気に走り回る我が子についていけません。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

出産直後、助産師さんが「出てます」。3人目の出産でついに地獄をみた痔の苦しみ
今ならわかる、育児には周囲の理解と助けが必要!2歳児連れ妊婦、バス車中の出来事
保育先が決まった途端、突然のミルク拒否。育児は思い通りにならない、と痛感!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。