ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

市場は謎の商品だらけ…!アマゾンで出会った謎の薬と謎のおじさん

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Takuo Shikata「効能は未知数?伝統薬が並ぶベレン市場 ペルー・イキトス」

TRiPORTライターの志方拓雄です。
2015〜16年の年末年始はカレンダーの並びの関係で、休日が少し短めでしたが、各地へ旅行に出かけた人も多いのではないでしょうか。日常生活のストレスから離れ、星付きのホテルで外食三昧、南国のビーチでお昼寝など、非日常的な時間を楽しむのも旅の醍醐味の一つです。

その一方で、旅人として現地の“日常生活”が気になることもあるでしょう。そんなときは市場に足を運んでみてください。市場はその地の食生活だけでなく、物価、暮らしの息遣いを伝えてくれます。しかしときには、市場に売られているものがローカルすぎて、謎に包まれている場合も…。今回は南米・ペルーの市場を紹介します。

イキトスはアマゾンの大都会?

イキトス (2015年 筆者撮影)

南米アマゾンの一帯で最大都市であるペルー・イキトス。ボートで街の港につくと、オートバイタクシーの呼び込みに囲まれたので、ホステルまで乗車しました。移動中に辺りを見渡すと、通りの両脇には店が立ち並び、車やオートバイが忙しく行き交っていました。ところどころにはカジノの看板も目立ち、外から中を覗いてみると、スロットなどが楽しめるような場所も。そんな街並みを見ていると、ジャングルの一帯にいることを、つい忘れてしまいそうになりました。

船旅の疲れもあったので宿でくつろいでいると、ドミニカ共和国とイタリアからの旅人と話がはずみ、そのまま3人でイキトスの観光スポットの一つであるベレン市場へ向かうことに。どのような場所なのか事前に調べていなかったので、市場という響きから食料品などが並んでいて、何かアマゾン特有の珍しい果物などに巡り合えればいいなという程度の期待をしていました。

木片が商品?

Photo credit: Takuo Shikata「効能は未知数?伝統薬が並ぶベレン市場 ペルー・イキトス」

足を踏み入れた市場には、野菜や肉などが露店に並んでいました。それまでアマゾン一帯を旅行していたので、特に物珍しさもなく市場の奥へ奥へと進んでいくと、明らかに雰囲気が異なる一角が現れたのです。

すると、イタリア人がお目当てのものがあるのか、歩くペースを落とし一軒一軒吟味し始めます。「MURURE」「CUMACEBA」など…、聞いたこともない単語が商品名として付けられていて、「一体これは?」と、目を凝らしてよく見てみると、それはただの木片。

「これは食用?」と思いましたが、詳しく聞いてみると、今いる場所がやはりアマゾン一帯であるということを、その木片に再認識させられました。

イタリア人によると、これらの木片は薬草と合わせて体を浄化させる薬の原材料で、食べるためではなく、木のエキスを抽出するためのもの。こうした薬はアマゾン地帯で伝統的に受け継がれてきたもので、海外の製薬会社も新薬の原料として注目しているとのこと。

ドミニカ人のネイティブを含め、3人ともスペイン語を理解できるのですが、各露店主が説明する内容はバラバラ。ある商人は、決められた量を服用しなかった観光客が病院に運ばれたなど、脅しのストーリーまで聞かせてくるのです。どのような効果が期待できて、どんな副作用があるのかなど、それらの情報でさえ正確には得られませんでした。

店主が製薬をレクチャー、完成品は?

Photo credit: Takuo Shikata「効能は未知数?伝統薬が並ぶベレン市場 ペルー・イキトス」

それでも、せっかくアマゾンにいるので、伝統的な薬を試してみたいというイタリア人の主張は強く、最も信頼できそうな店で、Ayahuascaの枝とchacurnaの葉っぱを購入。すると、店主のおじさんが作り方をレクチャーしてやると、自宅まで招いてくれました。何が始まるのか謎のままでしたが、イタリア人のテンションはMaxに到達。

枝と葉を細かく切り刻んで鍋に入れ、後は12時間煮出すということで、この日の作業は終了。明日また市場に戻ってきなさいと、店主のおじさんに告げられました。翌日、興奮気味のイタリア人を尻目に、ドミニカ人と再び3人で市場を訪れましたが、このおじさんの店の一角だけ、商品が何も並んでおらず、周りの店主に聞いても、今日は姿が見えないということでした。

残念ながら、翌日にリマまでのフライトで移動があった筆者とドミニカ人は、この謎の薬を試すことなくアマゾンを後にしました。すべてを託されたイタリア人は、さらに3日間イキトスに滞在し、おじさんとのコンタクトを試みたものの、市場にも現れず、電話もつながらず。結局、製造過程までは体験できたものの、その薬が一体何だったのか、それは謎のままに終わってしまったのです。

ライター:志方拓雄
Photo by:Takuo Shikata「効能は未知数?伝統薬が並ぶベレン市場 ペルー・イキトス」
 

関連旅行記はこちら

*Takuo Shikata「効能は未知数?伝統薬が並ぶベレン市場 ペルー・イキトス」
*Takuo Shikata「「奇食の街」ブラジル・ベレンを支える台所 ヴェロペーゾ市場」
*Takuo Shikata「超特急ボート 2日で駆け抜けるアマゾン川 マナウス~タバチンガ」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP