ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フルーツフレーバーも!「スマホで吸う」電子タバコがユニーク

DATE:
  • ガジェット通信を≫

欧米で市場を伸ばしている電子タバコ。日本でもフィリップモリスジャパンが「iQOS(アイコス)」を発売していますが、世界初・電子タバコ内蔵のスマートフォン「Jupiter」が発売されました。

・アプリで吸入時間をコントロール

Jupiterは、バッテリーで動く電子タバコのカートリッジがついたスマートフォンで、専用アプリでカートリッジをコントロール。

吸入量・時間などの調整を行えるほか、1日でどれくらい吸ったか、また、カートリッジの電池量やリキッド残量などの確認ができます。

アンテナのように見えるデバイスから煙を吸う仕組みになっています。

・フレーバーもユニーク

味はコーヒーのような「BLACK PEARL」、フルーツフレーバーの「DEFIANT」、ラズベリーの「SERENITY」など5種類。

6mlのリキッドで、14mgのニコチンを含有しており、タバコ4箱分と同等の喫煙ができるそう。

価格はそれぞれ14ドル99セント(約1万7000円)。専用のホースをつければ、スマートフォンの画面を見ながら電子タバコを楽しむことも。



本体は3Gの「IO3」299ドル(約3万5000円)と4G「iO4」499ドル(約5万9000円)の2種類展開。

見た目にもユニークなこのガジェット、愛煙家の方はチェックしてみては?

Jupiter
https://store.vaporcade.com/

・ガジェット(まとめ)

ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP