ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これ便利!自撮り棒と一体になったスマホケース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今やお出かけに欠かせないアイテムになりつつある、自撮り棒

旅行だけでなく、飲み会や食事に行くときにも手放せないという人も多いのでは。

しかしちょっとしたお出かけのときには面倒だし、装着に時間がかかってイライラなんてことも。

そんなときに便利なのがSTIKBOX

・スマホケース一体型の自撮り棒

写真を撮りたい!そう思ったときには背面に収納されたスティックをスルスル伸ばすだけ。

スティックの長さは720ミリと撮影には十分。

重さも130グラムなのでいつも着けていても気になりません。

・好きな角度で撮影可能

自撮り棒を使ったときにありがちなのが、スマホが重みで回ってしまうこと。

しかしSTIKBOXの場合、先端部はしっかり固定されていのでスマホを縦にしても横にしても本体が回ったりすることなく、気に入った角度で撮影できます。

現在、STIKBOXはKickstarterで資金を募集中。

iPhone6Plus/6sPlus対応の製品が29ポンド、iPhone6/6s対応なら19ポンドからの投資ででSTIKBOXがひとつ入手可能。

投資の期限は2016年1月27日まで

興味のある方は、チェックしてみては?

STIKBOX
https://www.kickstarter.com/projects/634593202/stikbox-the-first-selfie-stick-case-for-iphone

自撮り(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP