ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冷えで「朝肩こり」悪化 頭痛や下痢伴うため早期治療を

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「寝違えたわけでもないのに何だか朝から肩がこる」 「ベッドから起き上がったものの、肩や首回りにズンと重い感触が…」

 最近、朝、起きるたびにこんな症状はないだろうか? 実はこれらは、「朝型肩こり」がもたらす症状。東京・目黒西口クリニックの南雲久美子院長はこのように話す。

「最近のように、最低気温が10℃を下回ると、『朝型肩こり』に悩む人が増加します。放っておくと肩こりだけでなく、さまざまな体調不良を招きかねないので要注意です」

「肩こり」で多くの人が思い浮かべるのは、長時間のデスクワークやスマホ利用が原因の、偏った姿勢や目の疲れによる「生活習慣型肩こり」。午前中はそうでもないが、午後から夕方にかけて、症状がどんどんひどくなるタイプだ。

 一方、南雲院長が指摘する「朝型肩こり」は、毎朝の目覚めとともに肩こりを感じるというもの。こちらは「睡眠の質」が主な原因だという。

「人間は寝ている間に副交感神経が活発になり、体をリラックスさせます。ところが、睡眠の質が悪いと、長時間寝ても副交感神経が働かずに、体が緊張し続けて血行が悪くなる。すると、目覚めと同時に肩こりを感じるのです」(南雲院長)

 さらに、この時期特有の「冷え」が「朝型肩こり」を悪化させる。

「睡眠中、部屋の温度が下がっているのに肩や首の周辺に布団をかけず、何時間も露出したままでいると、冷えて血行が悪くなり、肩こりが生じます。冷えによる血行不良は肩こりだけでなく、頭痛、めまい、下痢、倦怠感といった自律神経症状を伴うので、早めの処置が必要です」(南雲院長)

 確かに、しっかりと布団をかけたつもりでも、寝ている間に肩や首はつい外に出てしまうもの。どうやって対処すればいいの?

「就寝前に両肩の後ろあたりやウエストラインの少し上の背中部分、おへその下あたりに、服の上から、使い捨てのカイロを貼って温めておくと効果的です。首にタオルをゆるく巻いて寝るだけでもずいぶん違いますよ」(南雲院長)

 また睡眠の質を上げることも大切だ。ふだんから適度に体を動かして心身ともにリラックス。就寝前には深呼吸や全身をゆっくり伸ばすストレッチを行い、副交感神経を働かせることも心がけたい。さらに、就寝前の体を冷やす飲食物は禁物だ。

「冷たい飲み物を避けることはもちろん、コーヒーや緑茶はホットでも実は体を冷やすので要注意です。オススメは紅茶やプーアール茶、ココアなどの発酵した飲み物。アルコールなら日本酒が体を温めます。シナモンやナツメなどスパイス系、カプサイシンなどの辛い系を摂ることも“ポカポカ睡眠”につながります」(南雲院長)

※女性セブン2016年1月28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
金縛り原因や理想睡眠時間など睡眠に関する疑問を解説した本
女性に肩こりが多い理由 首から肩の筋肉に関係と専門医解説
「バストが大きいかどうかは多少肩こりに関係」と専門医語る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP