ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界に誇る日本のトイレ 帰国外国人観光客を狙いPR

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨年、日本を訪問した外国人旅行者は過去最高の1800万人(1~11月)。その玄関口となる成田国際空港の第2旅客ターミナルビルには、大型LED映像パネルに外壁を囲まれた色鮮やかなショールームがある。

『GALLERY TOTO』――水まわり住宅総合機器メーカーのTOTOが、「外国人に実際に使ってもらおう」と展開する、体験型トイレ空間だ。約145平方メートルの敷地にトイレや授乳室など計10ブースが立ち並び、多くの外国人が興味津々で次々と訪れる。

 TOTO東京広報第一グループの山崎千聡氏が話す。

「近づくまでは “何かのショップかな?”と思わせるような外観なんです。訪日されたかたがたに“日本のトイレはすごい!”という記憶を焼きつけてもらうことと、帰国後に各国でPRしてもらう狙いがあります」

 この年末年始も、まったく嫌なにおいがしないトイレを体験し、多くの旅行者が驚きを隠せない様子だったという。

 そもそも、日本のトイレは海外からの評価がすこぶる高い。昨年、日本に押し寄せた中国人旅行客は、温水洗浄便座をこぞって「爆買い」。ハリウッド俳優のウィル・スミスや、世界的歌姫のマドンナも温水洗浄便座のとりこなんだとか。しかし、昔は違った。日本トイレ協会の高橋志保彦会長が振り返る。

「高度成長期1970年代まで、日本のトイレは和式便器がほとんどで、『臭い』『汚い』『暗い』の3Kでした。日本社会にトイレを重視する余裕がなかったんです」

 転機は日本が豊かになりつつあった1980年。この年、TOTOが、アメリカで医療器具として使われ国産化・販売していた温水洗浄便座をベースに開発した初代「ウォシュレット」を発売した。

 その後、“トイレがトイレを洗う”自動洗浄機能や、環境に配慮した節水技術、便座のふたが「おじぎ」するようなオート開閉など、日本のトイレは、外国人が驚く「進化」を続けた。便座に靴下をはかせるような「便座カバー」や排泄時の音をかき消す擬音装置は、日本らしい細部へのこだわりだ。

 日本でトイレ文化やトイレ技術が発展した最大のカギは「狭さ」にある、と山崎さんは言う。

「海外では、浴室と洗面とトイレがひとつにまとまった『スイートルーム』が標準ですが、日本のトイレは独立していて、しかも狭い。限られたスペースを有効に使うため、日本人はトイレの利便性を突きつめていったんです」

 2015年3月の内閣府調査によると、国内の家庭における温水洗浄便座の普及率は77%を超える。海外への輸出も視野に日本のトイレはさらなる進化を続けている。

※女性セブン2016年1月28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
芥川賞女史「男はウンコの拭き残しがある方がむしろいい」
韓国企業 仏で「ジャパニーズ・トイレ」と温水洗浄便座販売
仏ジャーナリスト 初めて温水洗浄便座を使った時の衝撃語る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP