ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「手のひらサイズ」のドローンが予約開始!3万円で機能も充実

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ドローンの選択肢は急増中。種類がたくさんあるのは嬉しいのですが、ちょうどいいモノを見つけるのがなかなか難しいところ。いくつか欲しい機能がありますよね。たとえば、

・高画質撮影できる
・スマホで操作できる
・自動追尾してくれる
・持ち運びがラク

などなど。そう考えると、「ONAGOfly」はいい感じかも。重さ140グラムで手のひらサイズと手軽ですが、機能は多彩。

こんなふうにポイっと投げれば飛び立ちます!

自動追尾しながら録画でき、

画質は
「iPhone 6s」と一緒!

画像は15メガピクセル、動画は1080/30pで撮影可能。操作はすべてスマホから。

①メニュー
②解像度・電池・電波・GPSなど
③前進・後退など
④基地へ戻す・離着陸・自動追尾
⑤本体ステータス
⑥方向転換
⑦撮影メニュー
⑧カメラロール

スマホの傾きで本体を操作するモードもあるので、ゲームみたいにコントロールして遊ぶのも◎。

Wi-Fi接続して使うので、スマホ画面に撮影風景がライブストリーミング中継されます。

アクティビティのモニターにも

使えるし、

笑顔を認識して
自動撮影

なんて機能も。風速は3.3m/sまで耐えられ、操縦範囲は30メートル先まで。それより遠くなると自動で停留する仕組み。さらに…

赤外センサーで
障害物を避ける!

優秀ですね。これなら安全そう。

飛行だけなら15分、撮影は最大12分までできますが、32GBのmicroSDカードを本体に挿せば、動画だけで280分のデータが保存できます。充電はUSB式。

プロペラがプラスチックで出来ているため、万が一ぶつかっても比較的安心。日本から購入する場合は、199ドル+送料25ドル(244ドル、約28,500円)で事前予約できます。大きすぎず、小さすぎず、手軽だけどちゃんと撮影ができるので、入門機にはピッタリかも。

Licensed material used with permission by ONAGOfly

関連記事リンク(外部サイト)

航空宇宙エンジニアが開発!「スマホ」を載せて飛ばせるドローン
わずか500g。コンパクトなのに機能が凄い、本格派ドローン「Snap」がヤバい・・・
【これは欲しい】スマホの「充電」をシェアできるケーブル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP