ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

食べなきゃ気が済まない!食べづわりに悩まされた私を救った「○○おにぎり」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

待望の妊娠発覚後、すぐにつわりが始まりました。

まさに気分は天国から地獄・・・。

「これが世にいう、つわりってヤツだ!」

と、待ちに待った妊娠を喜ぶ気持ちで嬉しくもあり、いつも付きまとう吐き気に、耐え難い気持ちにもなりました。

私が経験したのは“食べづわり”でした。

何かを食べていないと気持ち悪い、そんな状態です。

でも食べた後はその後味でまた気持ち悪く、言葉は悪いですが1日中

「おぇ~っ」

としたい感じでした。

当時はまだ働いていたため、通勤の電車では酔ってしまい、1駅乗っては途中下車、を繰り返したこともあります。

会社に到着してまずすることといえば、トイレへ行くことでした。

まだ妊娠初期だったので周りにも言えず、仕事は普通にこなしました。

もともと頼まれるとイヤと言えない性格だったため、残業もやりました。

でもやっぱりいつも通りにはテキパキとできない自分が不甲斐なく、それで周りに迷惑をかけてしまわないかと、心配で仕方ありませんでした。

また、1つの食べ物に固執する傾向もあり、私は一時、から揚げにはまりました。

朝起きてすぐに食べたくなり、主人にコンビニへ買いに行かせたこともあります。

食べてるときは幸せで、いくらでも食べられました。

どんなに脂っこくて、普段なら食べられないくらいのから揚げでも、おいしく感じました。

『大食い女王』になった気分でした。

ですが、食べ終わるとものすごい吐き気に襲われます。

泣きながらトイレにこもったこともあります。

実際に吐いたりはできませんが。

主人からはいつも

「そんな風になるなら、食べなきゃいいじゃん」

と言われてました。

でも、食べないと気が済まない状態になってしまうのです。

こんな食生活をしていれば、当然太ります。

太りすぎは妊婦には大敵です。

病院で体重増加の注意を受けたりもしました。

ただつわり中はそこまで気にしなくていい、と言われたのが救いでした。

そんな状態の私は、ある日1つの希望を見つけました。

それは、シソ。

ふりかけ状のシソをご飯に混ぜたおにぎりです。

直径2センチくらいの大きさに握って、常に持ち歩きました。

通勤途中でもカバンから出してパクっ。

会社でも仕事の手を休めてパクっ。

夜中、空腹で目が覚めてもパクっ。

飴などの間食だと後味で気持ち悪くなったりしましたが、シソだとそれもなく、すっきり。

シソの酸っぱさがよかったのかもしれません。

妊娠すると『酸っぱいものが食べたくなる』からかも。

体重増加もそれまでよりは増えることなく、順調になり、安定期(5ヶ月)くらいになると、つわりもなくなりました。

私のつわりは、シソのおかげで乗り越えられた、といっても過言ではありません。

著者:すみお

年齢:39歳

子どもの年齢:2歳、5歳

OLを10年勤め、結婚を機に退職。2年間の不妊治療を経て妊娠・出産!現在、イヤイヤ期2歳児と第2次イヤイヤ期5歳児兄弟の育児に奮闘中。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

不安もいっぱいだったけれど…お腹の赤ちゃんと一緒に育った「ママ」としての私
保育先が決まった途端、突然のミルク拒否。育児は思い通りにならない、と痛感!
ウォーキングに掃除、体を動かして初産でも9時間の安産。夫が間に合わず残念!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP