体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ノスタルジックな加賀温泉郷で、恋人としっぽり楽しみませんか?

ノスタルジックな加賀温泉郷で、恋人としっぽり楽しみませんか? 古総湯

石川県の加賀温泉郷には4つの温泉地があります。あわづ、片山津、山代、山中温泉それぞれに特徴があり、恋人と一緒に出かけたいスポットです。

2015年9月には超小型モビリティが誕生し、ゆくゆくは各温泉地を気軽に巡れるように。新しさとレトロ、風光明媚と絶景がそれぞれ同居する加賀温泉郷の魅力をたっぷりとご紹介しましょう。

1.加賀温泉郷

風光明媚な北陸の温泉郷!

片山津温泉

総湯の「潟の湯」からは柴山潟を一望!

浮御堂 湯の元公園から続く浮御堂。夜は艶めく灯りで幽玄な世界へ

北陸石川県にある加賀温泉郷の魅力は絶景と風光明媚、レトロやノスタルジックと新しさが同居しているところ。加賀温泉の玄関口と言っても良い片山津温泉には、1日に7回色が変わると言われる絶景があります。それが、柴山潟です。

周りは白山連峰に囲まれ、湖畔沿いには旅館が立ち並び、夜はそれぞれの宿から放たれる光がきらめき、なんとも優美な世界が繰り広げられます。ゆったり温泉に浸かったら、湯上がりは2階にある「まちカフェ」でリラックスしましょう。鶴仙渓

鶴山渓に架かる総ヒノキ造りのこおろぎ橋。遊歩道からの眺めも格別

加賀温泉郷にある温泉地で2番めにご紹介するのは、山中温泉。ここは大聖寺川沿い鶴仙渓が続き、その光景の美しさに心奪われます。この渓谷に架かる総ヒノキ造りの橋はこおろぎ橋。ここから眺める絶景も忘れがたいものになるでしょう。

総湯「菊の湯」 総湯「菊の湯」

肝心の温泉ですが、地元の人にも愛されている「菊の湯」が有名です。男女で建物が異なるのが特徴、夫婦や恋人で一緒に言ってみてそれぞれで異なる感覚を味わえるのも面白いかもしれません。

店が軒を連ねるゆげ街道では、11月~3月にカニ汁大鍋が振る舞われます。この冬に是非味わってみてはいかがでしょうか?あわづ温泉

あわづ温泉は「恋人の聖地」にも認定されている場所。というのもここには約400年前から語り継がれる恋物語があるのです。そのため、街の様々なスポットに恋人たちのスポットがあります。

お っしょべ公園 おっしょべ公園では絵馬に恋の願かけをしましょう。 美人の湯 美人の湯 温泉は奈良時代から受け継がけるのもので、歴史があります。あわづ温泉の全宿が自家掘り温泉を持っているのも特徴です。特に和風造りの総湯はお肌がすべすべになると評判の美人の湯。是非体験してみましょう。古総湯
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。